shikakusyutokutsushin

メディアに取り上げられることも増え、DIYの知名度も高くなり挑戦してみたいと思う人も多くなりました。
DIYとは自分で家具などをデザインし作り出すことを指します。
自分で作るので必要な場所にぴったりのサイズで作ることもできますし、こだわりを活かす事もできます。なにより自分で作ったものですので他の既製品にはない愛着も持てるようになります。また材料や道具もホームセンターで簡単に揃えることができるので挑戦しやすいのも魅力的ですよね。
既製品を買うよりも安く済む場合も多く、自分のこだわりを活かしたぴったりのサイズの愛着も持てる最高の作品が安く上がるのも嬉しいですね。

DIY工作アドバイザーとは

DIYの素晴らしさは理解できても初心者には必要な道具や材料も分からないケースが多くあります。
買うものも分からないのに作りたいものの設計も自分でとなると始めるのに敷居が高く感じられるのは仕方がありません。実際に始めようと思いながらも自分が作るのに適した素材や道具が分からず買いにすら行けず諦めてしまうというケースも多く、始めることすらできないという方も多いのが現状です。
魅力的なDIYですがそう言った事情からなかなか人口が増えないジャンルでもあります。
そこでDIY工作アドバイザーの出番です。
DIYに挑戦しようと思っている方に魅力や道具の使い方などをアドバイスすることができるDIY工作アドバイザーは必要とされている人材であり、今後も需要は伸びていくと予想されています。

DIY工作アドバイザー認定試験の口コミ

「ガーデニングが趣味で庭弄りが好きなのでもっと完成度を高めたいと思いました。
バケツやスコップを収納する場所などが味気なくて可愛くなかったのが気になり、レンガなどでレトロな可愛らしい雰囲気にしたかったのですが売っているものは思っているものと違っていて気に入らなかったので作ろうと思いました。しかしレンガを積んだりコンクリートを混ぜたりといった作業はしたことがなくどうすればいいか分からず勉強しました。
時間はかかりましたがお気に入りのスペースができたのがとても嬉しかったのでもっと勉強しようと思い、結果として資格取得に至りました。
これから蛇口まわりなども可愛らしくしたい、花壇もレンガ調に作り直したいなどしたい事がいっぱいで楽しくなり、資格取得して良かったと思っています。
同じように悩んでいるガーデニング仲間にも作り方を教えたいです。」
このような口コミが寄せられていました。
DIYはもともと男性的な仕事ですが最近は趣味の多様化やメディア露出などにもより女性も挑戦する人が増えました。
女性の挑戦も増えたDIYは教えてくれる人の需要も高まっている資格と言えるようです。

DIY工作アドバイザー認定試験の概要

DIY工作アドバイザーは日本生活環境支援協会が主催する認定資格です。
受験資格は特になく知識があればどなたでも受験可能となっています。受験料は一万円で試験は在宅受験形式が採用されています。
在宅受験形式なので遠方に在住する方やまとまった時間が取れない忙しい方にも気軽に挑戦できると高評価を得ています。
受験の申し込みは団体のホームページから行うことができます。
資格は一生ものです。興味のある方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事