shikakusyutokutsushin

求人雑誌等を見ていると「CAD」の文字をよく見かけると思いませんか?
ComupeterAidedDesignの略語で、パソコンを用いた設計技術を指します。

もっていると建築業界から大量のお声がかかる事間違いなしの資格で、
手に職にはうってつけの技術ですが、その略称の認知度も相まってなかなか
人材の供給が需要に見合ってこないといった側面もあります。

今回は受験しやすいものを中心にCAD資格の人気ランキングを作成しました。

1位 CADデザインマスター

日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している資格制度で、このほかにも
同協会ではWEBデザイン等の資格も取り扱っています。

世界標準とされているCADや建築に関わる電気設備・機械設備・通信設備等の
設計、作図の技術を実務レベルで求められる試験となっており、若干敷居が高く
感じられそうですがそんなことはなく、誰でも受験できる資格試験なんです。

上述の通り受験資格に定めがない点が支持を集めているもので、知識さえあれ
ば誰にでも取得が可能な点は、既に関連業界で働いている方には嬉しいポイント
であると言えますね。

2位 建築CADインストラクター

こちらは一般的なAutoCAD、JWCADのいずれかの操作を理解した方向けの
資格となっていますので、非常にハードルが低い事で認知度が高い資格です。

資格の取得後に講師活動が可能になる点がメリットで、建築関連企業に派遣
して講義を行う指導員としての業務を望まれる方にオススメの資格になります。
建築業界そのもので働いている方の中で、独立して仕事をしたい方の取得が
多く見られ、そういった際に選択される資格として人気のものです。

3位 土木CADインストラクター

日本インストラクター協会(JIA)が主催する認定試験で、より土木関連の製図
に詳細な知識が求められる資格です。
広範な知識が求められがちなCADですが、その中でもコンクリートや鉄筋、
橋等の構造等にズームアップした資格となっており、その方面に特化した知識
と技術を持った方にオススメの資格となっています。

4位 機械・設備・電気CADインストラクター

こちらは室内の電気系統の配線図や、空調設備の設計、通信設備の入線から
機器への接続までの作図等に重きをおいた資格となっています。
電気系の設備作業員が取得する事で、現地調査時の報告書作成に役立つ資格
となっており、実際に現場に赴いての仕事をする方にもおすすめできます。

5位 CAD利用技術者試験

2D、3DどちらのCADにも対応した資格試験が用意されています。
公式に受験者向けのガイドブックが販売しているため、そちらで自分のペースで
学習してから受験できる事がメリットとなっています。
資格手当が用意されている企業も多い事で有名な資格ですね。

6位 建築CAD検定

専門の高校で4級の受験をされた方も居るかもしれませんね。
1~3級の級位があり、知識に応じての受験が可能となっています。
ホームページで謳っているように即戦力を証明する資格のため、実務レベルの
知識が求められます。

就活にも強い資格のCADの各種資格のご紹介、いかがでしたでしょうか。
興味のある方は実効力の高いものですので、是非チャレンジしてみてください!

おすすめの記事