shikakusyutokutsushin

食事の欧米化やライフスタイルの多様化によって栄養のバランスが乱れ、生活習慣病になる人も多い今、「食育」という言葉をよく耳にするようになりました。

2005年に「食育基本法」が制定されてから、国全体で食生活の見直しを図ろうという取り組みがさらに加速しています。

今必要とされている食育の知識を身につけて、家族の健康な食事をサポートしたいという人や、職業に役立てたいという人へ、人気のある食育資格をランキングでご紹介します。

1位 食育健康アドバイザー

食育健康アドバイザーは、「日本安全食料料理協会」が認定している、食育の基本的な知識を身につけた人に与えられる資格です。

資格取得後は、食育の講師活動が可能になるという本格的な資格でありながら、受験料は1万円で、受験資格は特にないことから、独学でも受験できる資格として注目を集めています。

また、オンラインからの申し込みで在宅受験できることから、家事や子育てでなかなか外出ができないという人たちからも人気となっているようです。

食育健康アドバイザーは出題範囲が幅広く、日常に活用できる食育の知識から、生活習慣病との関連や諸外国の取り組みまで網羅している点も特徴の1つです。

そのため、自分や家族の食事をより良くしたいと考えている人はもちろん、資格取得後は本格的に講師活動をしたいと考えている人からも支持されている資格です。

2位 管理健康栄養インストラクター

管理健康栄養インストラクターは、「日本インストラクター協会」が認定制度を運営しており、資格取得後は各食材の栄養素や食品表示、健康に深く関わる腸内細菌の働きなど、日常生活に根付いた内容を身につけられる資格です。

受験料は1万円と費用を抑えながら、資格取得に向けて身につけた知識を、自分自身や家族の食生活に役立てたり、講師として活動するために活かしたりできるという点が注目されるポイントとなっています。

また、食品関連の職場では、栄養素や食品表示について確かな知識を持った人材が求められることも多く、副業や就職活動に管理健康栄養インストラクターの資格を役立てているという声もあがっているようです。

試験問題は日常の食生活で触れる機会もある内容が多いため、出題範囲を把握して学習を進めていくことで、独学でも所得できる資格として人気を集めています。

3位 食育インストラクター

食育インストラクターは、「NPO日本食育インストラクター協会」が認定している資格で、食育を基礎から学び、最終的には指導者として食育の普及活動ができるようになる資格です。

この資格の特徴は、プライマリーから1級まで5段階に分けて認定している点です。

例えば1番初級のプライマリーを取得するためには、通信講座で約6ヶ月間学習をしてカリキュラムを修了させる必要があります。

さらに、4級以上となると推進校で実習や研修を受講しないと資格を取得することができません。

また、受講料や資格の申請料などが上位2つの資格と比べると割高で、プライマリーを取得するたけでも4万円以上の費用がかかります。

もちろん通信講座を受講したり、講座に参加したりすることで食育の知識を深く学ぶことが可能ですので、時間や費用をかけて本格的に食育について学びたいという人にはおすすめできる資格です。

4位 食育アドバイザー

食育アドバイザーは、「日本能力開発推進協会 (JADP)」が称号を付与している、食育に関する基礎知識を身につけたことが認められる資格です。

認定講座を約3ヶ月間受講後に資格受験をする流れとなっていて、資格取得のための費用は4万円以上必要になります。

食育関連の資格の中では、初級の資格でアピール度は少し弱いという意見もありますが、食育を広く学びたい人にとってはメリットもある資格です。

5位 食育メニュープランナー

食育メニュープランナーは、年代や体調に応じたメニューを提案し、食の大切さを伝えられる人に与えられる資格です。

約6ヶ月間の通信講座を受講し、課題やレポートを提出すると、資格の申請ができるようになります。

通信講座の受講と資格取得までの費用は合わせて2万円ほどで、内容も初級の内容となっているため、1から食育について学び、普段の献立に知識を取り入れたいという人にはおすすめできる資格です。

おすすめの記事