shikakusyutokutsushin

近年、食育という言葉をよく耳にするようになりました。2005年に、『食育基本法』が成立されてからは特に、日常生活の中で広く浸透しています。

食育健康アドバイザーは、毎日を健康に過ごすためや、予防医学の考えを学ぶために、自分や家族のために取得する方が多い、注目度の高い資格です。

特に、育ち盛りのお子さんをお持ちの方は、お子さんに何をどう食べさせたらいいのか、成長に必要な食材は何かなどと悩んでいる方も多いことでしょう。また、高齢になれば、年齢とともに体も変化がしていきますので、年齢や体の状態にふさわしい食事をとることが健康の秘訣になります。そのような方におすすめしたいのが、食に関する資格である『食育健康アドバイザー認定試験』です。安全で健康的な食生活を送るためにも、食に関する知識を養ってみてはいかがでしょうか?

食育健康アドバイザー認定試験とは?

 食育健康アドバイザー認定試験は、取得しやすく、一生涯生かすことのできる資格なので、子育て中のお母さん方を中心にとても人気のある資格です。

食育健康アドバイザー認定試験は、日本安全食料料理協会が行っています。食育に携わる知識と、それを活用して広く教える能力があることを認定している試験です。

受験資格は問われないので、どなたでも申し込むことができます。また、試験は2か月に1度実施されているので、お忙しい方でも都合を合わせやすくなっています。受験料は10,000円で、インターネットからの申し込みとなります。試験は、自宅での受験となりますので、小さなお子さんがいるママさんや、在宅介護をしている中高年の方にも大変受験しやすくなっています。

 

 食育健康アドバイザー認定試験の口コミ評価

 食育健康アドバイザーは口コミでも高い評価を得ています。その多くは、以下のような喜びの声がほとんどです。

『子供の成長に合わせて栄養バランスのとれた食事が作れるようになった』

『家族に安全でおいしい食事が作れて、みんなに喜ばれた』

『より身近で役に立つ知識が得られるので、活用しやすい』

『食生活の見直しができ、健康についてより一層考えられるようになった』

また、飲食店などで勤めている方からは、

『新しく得た知識で新メニューを開発できた』

『お客様に料理や食材の説明が出来るようになり、自信がついた』

などのうれしい声が届いています。

自分に生かせる知識を得られたり、仕事上の自信にもつながるばかりでなく、周りの方からの評価も得られる資格だといえますね。

 

 食育健康アドバイザー認定試験に合格すると

 食育健康アドバイザー認定試験に合格するということは、食育に関する広い知識のみならず、食材の有効的な活用方法や成長に必要な栄養素、生活習慣病を予防する方法など、食に関する知識を広く有しているという証明になります。そのため飲食店や調理関係のお仕事に就くのが有利になります。また、食育に関する講師などをすることが可能となりますので、料理教室やカルチャースクールなどで講義活動などもできるようになります。活用の幅が広いという点でも人気のある資格だといえますね。

また、食育健康アドバイザーは、管理栄養士、調理師、保育士、福祉士、介護士など、関連する資格と合わせて取得すると、さらにその知識を深め、価値が倍増することが期待できます。

 

 まとめ

 食育健康アドバイザーの資格を取得し、食育に関する知識を得ることで、より健康的な食事が作れるようになったり、年齢によって変化する体に応じた必要な栄養素をバランスよく取り入れた食事が作れるようになります。

もし家族が生活習慣病にかかってしまった場合に、役に立つ知識も学べます。

健康的な毎日を過ごしたい、栄養バランスのとれた食事をしたいと思っている方は、ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?

食に関する仕事には需要のある資格なので、もし食に関しての資格を取得したいと思っている方には、おすすめの認定試験となっています。

おすすめの記事