shikakusyutokutsushin

昨今メディアでもちょこちょこ目にする話題の風水に関して、どれだけの知識を
持っているでしょうか。未だに普及はしていませんが、風水的な~という言い回
しは既に一般的になってきているのはご存知かと思います。

こういった風水の業界ですが、資格がいくつか存在しています。
今回は風水に関してと、風水の資格についてランキングでご紹介していきたい
と思います。

1位 風水セラピスト

日本アロメマディカル心理セラピーという団体が執り行う認定試験の一つです。
心理作用をもたらす分野の資格を主に扱っており、メンタルヘルスやカウンセ
リングに焦点をあてての資格分野の一つとして風水も挙げられます。

知識としては古代中国から伝来してきた思想文化の一つですので、歴史を紐
解いて行くことにより風水の知識を有した方が対象となる資格ですね。

風水に関しては専門学校等が他の専門職よりもあまり普及していない為、独
学での受験が必要となりますが、そういったカリキュラムの修了が受験資格
の前提となっていない点や、在宅での受験が可能な点が人気の理由となって
います。自宅での受験は非常にリラックスできますし、幅広い年代の方に支持
されているのも納得できる点ですね。

2位 住宅鑑定風水インストラクター

こちらはテレビや雑誌でよく目にするタイプの、住まいを風水の観点で診断す
る為の資格となっています。
非常に実用的で、主婦の方でも取得されている方が口コミでも目立つ資格
となっており、生活の一部に風水を取り入れる事によって、普段の生活に違っ
たテイストが生まれる事を期待している方が多いようですね。

普段過ごす生活空間である住まいに関する資格ということもあって、商業的
な観点はもちろんのこと、一般の方の取得も多い資格となっています。

3位 風水鑑定士

社団法人国際風水氣学協会が執り行う認定試験となっています。
こちらは勉強会に参加する事で受講資格が得られ、準鑑定士認定試験を
経て、本鑑定士へとしっかりとステップを踏んだ流れでの資格取得です。

メディアで風水のプロがそれほど人数がいないのは、普及されていないから
と思いがちですが、しっかりと深度の深い知識を持った人材が少ないのも
要因の一つとされており、こちらの資格はかなり敷居の高い資格であると
同時に、実効力が非常に強い資格でもあるため高い人気を誇ります。

また、本鑑定士クラスとなればこちらの資格試験における勉強会の講師と
しても活躍できるため、資格の取得が即実践でも利用できる資格となって
います。

4位 風水アドバイザー

日本能力開発推進協会(JADP)が主催する認定制度です。
こちらはカリキュラム一体型の資格となっており、カリキュラムで一から基
本を学んでから資格試験に臨めるようになっているため、ハードルが他の
ものよりも低く、初心者向けの資格と言えるでしょう。
実際に取得された方はこれを風水業界への足がかりにしようと考えている
方が多いようで、口コミでの評判でも多数の声が見られました。

さて、今後発展の可能性が大いに残されている風水業界の資格をご紹介
していきましたが、いかがでしたでしょうか。
興味のわいたかたは是非、風水について調べてみてくださいね!

おすすめの記事