shikakusyutokutsushin

楽器の演奏や歌を歌うといったことは学校でも取り組むほど人間の
芸術性や精神を育ててくれる効果があるように、音楽によってこころ
を癒やすという事も可能な所が音楽の魅力ですね。

音楽には「感情増幅」する効力がある事が研究で判明しており、人の
喜怒哀楽といったものをそれぞれ更に大きくしてくれる効果があるた
め、商業的な見地からもこういった効果はしきりに注目されています。

特にプラスの感情である喜び、楽しみの感情の増幅は顧客に対する
満足度に直結するものですので、サービスの品質は勿論ですが、
こういった音楽に対する効果で更なる相乗効果をねらう戦略も今では
一般的になりつつあるほどです。

しかし、音楽と心理効果を専攻する分野は未だに専門分野としては
未発達なところもありますので、個人で学んでいった方が起用されて
いる事が多々あるのが現状です。

さて、今回はこういった音楽と心理効果に着目した資格をランキング
でご紹介していきます。

1位 メンタル心理ミュージックアドバイザー

日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催する資格で、
心理作用に着眼点をおいた資格を多数取り扱う団体のため、その中
でも人気を集めている認定試験の一つとなっています。

心理学の専攻が必要かと言われるとそうではなく、誰にでも受験が可
能なため、冒頭で触れたように専門分野の学習が難しい状況でこの
ハードルの低さは嬉しい所ですよね。

どちらかと言うと顧客に対するイメージ戦略を考えていく資格ではな
く、音楽によってこころの問題であるストレスや心的外傷をケアして
いこうといったメンタルケアの資格となっています。

2位 音楽療法インストラクター

こちらは音楽療法の指導員資格となっています。インストラクターと
あるように、資格取得後は講師活動が可能になる点がメリットです。
こちらは生活空間における音楽にズームアップしての用法をメイン
に考えていく資格のため、自己啓発の色が強めと言えますね。

落ち着いた生活空間を日常的につくっていくことで、ストレスを抑え
て快適なプライベート・仕事をしていく事を目的とした方法を追求し
ていきたい方にオススメの資格となっています。

3位 音楽療法士

日本音楽療法学会が主催する資格試験で、前提としての受験資格
が非常にハードルが高いものとなっている資格です。
高校卒業後に認定校に通うか、大学卒業後に臨床経験を積んだ上
で資格取得試験向けコースの受講が必要となるため、長大な時間
と手間をかけて資格取得を目指す事になります。

試験内容も筆記と面接に分かれており、難易度も深度の深い知識
を求められるため、専門職と言っても過言ではないレベルです。

その分実効力としての資格の力は絶大で、これさえあれば音楽療法
に関する仕事には全て就けるといっても過言ではないでしょう。
カウンセラーとしても医院で働くことが可能ですし、求職活動において
は非常に効果を期待できる資格ですので、手間に見合った価値と
言えるでしょう。

楽しむだけの音楽ではなく、こころのケアにも利用することに着目し
た資格の紹介をしていきましたが、いかがでしたでしょうか?
元々音楽が好きな人にもオススメの資格ですし、上位2つに関して
は受験は誰にでもチャレンジできる試験なので、興味のわいた方は
ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

おすすめの記事