shikakusyutokutsushin

鉛筆デッサンマスター認定試験とは、日本デザインプランナー協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本デザインプランナー協会とは?

日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。

鉛筆デッサンマスター認定試験はこの日本デザインプランナー協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回は鉛筆デッサンマスター認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・鉛筆デッサンマスター認定試験とは?

デザイン関係の仕事に関して興味があり資格を取得して就職につなげたい方、若しくは既にある程度の知識やスキルがある方も、

デッサンに関してのスキルは今まで形として認められる資格がありませんでした。

鉛筆デッサンマスター認定試験では、

  • デッサンについて,デッサンの用具・材料について,デッサンの基本要素,鉛筆,木炭,その他の描画材料,消し具,ぼかし用具,計測用具,支持体(デッサン用紙),その他の用具
  • 基本モチーフ(石膏像),線,調子と質感,描く位置と姿勢,エスキース,ウォーミングアップ
  • プロポーション,光と影,実践1/カップを描く といったデッサン知識に関する知識を求められています。

デッサンには色々な方法がありますが、鉛筆を使ったデッサンは紙と鉛筆さえあればできるという手軽が一番のウリでもあります。

鉛筆には隠れた能力が多いといわれています。耐久性が強く、水濡れなどにも強いことなどです。

そういった鉛筆の魅力を存分引き出すための鉛筆デッサンマスター資格は取得することによるデッサン能力の向上は計り知れないでしょう。

この試験を受験したい場合は、上記の日本デザインプランナー協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本デザインプランナー協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、講義活動や自宅でのカルチャースクールに役立てることができるでしょう。

・口コミ評判について

「デッサンに関する知識だけでなく、鉛筆の使い方や鉛筆の選び方など幅広く知識を習得できた」といった声や、

「自宅でのカルチャースクールに生かすことができた」といった声があるようですね。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

デッサンに関しては様々な手法が用いられているわけでありますが、鉛筆デッサンに関してはそのキメ細かさや

人間味あふれるデッサンとしてこれからの時代も廃れていくことはないでしょう。

日本デザインプランナー協会のHPにアクセスして、実際に資格について調べてみるといいでしょう。

おすすめの記事