shikakusyutokutsushin

羊毛フェルトとは数多くある手芸・クラフトの中の一種で、ふわふわの柔らかい羊毛を専用のニードルという針を使ってチクチクと一針一針刺していくことでしっかりと羊毛同士を絡めて形を作りマスコットやアクセサリー、飾り物などを作り出すものです。
作り方は基本的には刺す工程が主となるので簡単ですが、始めてみるとどの位ニードルを刺し硬くするか、リアル感や可愛らしさの追求など奥が深いクラフトです。
奥深い羊毛フェルトですが、作品の見た目の可愛さや針を刺していくという、他の手芸に比べて初心者でも挑戦しやすいと人気が出ています。しかし、羊毛フェルトの奥深さから初めは失敗してしまう人も多く、そんな時に道具の正しい使い方や作品の作り方、コツなどのアドバイスをするのが羊毛フェルトアドバイザーです。

趣味を仕事に活かせる資格

羊毛フェルトアドバイザーは羊毛フェルトを教える事ができる資格です。その為、趣味で羊毛フェルトを作る方には特にオススメの資格と言えます。
昨今ではインターネットの発達もあり簡単に個人の作品を販売することが可能になりました。
また、教える事ができる能力を販売するサイトなども話題になったのも記憶に新しいかと思います。
もちろん教室などを開設し仕事にしている方も多くいます。羊毛フェルトの魅力は初心者でも簡単に始められ、何より出来上がる作品の可愛さにあります。完成度の高さから興味を持つ人も多く、手芸の中でも人気の高いジャンルになっています。
材料も必要な色の羊毛と専用のニードル、刺す為の台があればすぐ始められるのは大きな魅力ですし、その為初心者でも気負いなく始められます。
初心者の方は材料のほかに初心者向けの本なども購入する方が多いですが、羊毛フェルトは感覚的なものも多く、失敗しがちでもあります。
簡単そうに見えて奥が深い羊毛フェルトは教えてくれる人の需要がとても高い手芸です。

羊毛フェルトアドバイザー認定試験の口コミ

「手芸が趣味で、中でも羊毛フェルトが特に好きなので思い切って受験。趣味の羊毛フェルトの知識が資格という目に見える形にできたので嬉しい。」
「自分の作品に自信が持てるようになった。」
「副業として作品を販売しているのでお客さんへのアピールに繋がった。」
「もともと手芸が好きで、手芸店に勤務しているのでカウンターなどに自分が作った作品を飾る機会があるので自信が持てる作品を飾れるのが嬉しい。お客様に可愛いと言ってもらえるので鼻が高い。作品に使う材料やコツなどを伝えることができるので売り上げにも貢献できている。」
このような口コミが寄せられていました。
趣味を極めたいという方や収入に役立たせる方など様々でしたが、羊毛フェルトが好きという方が非常に多い印象でした。
また受験される方の多くが女性というのも特徴の一つのようです。

羊毛フェルトアドバイザー認定試験の概要

羊毛フェルトアドバイザーは日本生活環境支援協会が主催する認定資格です。
手芸に関する資格は様々な種類がありますが羊毛フェルトアドバイザーは羊毛フェルトに特化しており、また人にアドバイスできる資格として有名です。
アドバイスできるということは教える事ができるという資格ですので、仕事に役立てやすく企業からの知名度も高い資格と言えます。
そんな羊毛フェルトアドバイザーですが、受験資格は特になく、在宅受験形式が採用されていることもあり、知識があればどなたでも受験が可能となっています。
受験の申し込みや試験の詳細は日本生活環境支援協会のホームページで行うことができます。
興味のある方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事