shikakusyutokutsushin

休日やちょっと一息つきたい時に、おいしい紅茶を淹れるのが楽しみの一つです。
遣う茶葉によってひとつひとつ違った味わいになるのは当然の事ですが、香りも様々な
ものを楽しめるのが紅茶の魅力ですよね。

ただ、紅茶の世界は非常に奥深いようで、淹れ方一つとっても気を遣う所が多かったり、
使うティーカップやセットについてもこだわりはじめるときりがないですよね。
知識として持っておきたい人も多いと思われる紅茶の世界ですが、今回は上手な紅茶
を淹れたい方や、飲食業界で働いている方には必見の紅茶の資格をランキングにして
みましたのでご紹介します。

1位 紅茶アドバイザー

主催している団体は日本安全食料料理協会で、昨今叫ばれている食の安全を追求した
認定試験を各種執り行っている協会の一つとして、最近は口コミでも評判です。
こちらの資格は紅茶の茶葉の知識、ティーセット、淹れ方等の紅茶の基礎知識を有し
ている方向けの資格となっていますので、受験するにあたっての敷居が非常に低くなっ
ており、幅広い年代に人気で、取得者数多数で1位の獲得となりました。
在宅での受験が可能な点、受験資格が特に必要ない点など、専門業界での従事が
目的の方以外でも、一般の方が趣味の一貫として取得されるケースも目立ちました。

2位 紅茶マイスター

こちらも紅茶アドバイザーと同じく日本安全食料料理協会が執り行う認定試験です。
こちらは紅茶カフェでのオーナーとしての知識を主に求められる資格となっており、
どちらかというと経営者向けの資格となっています。実際に取得している方で見られ
たのは、チェーン店の店長クラスの方が多数いますので、実務に非常に強い資格
として評判になっているようです。

3位 紅茶コーディネーター

日本創芸学院が提供するカリキュラムと一体化したタイプの資格です。
一から紅茶に関して学ぶことができるため、時間をかけてしっかりと基礎から固め
たい!という方には特にオススメの資格の一つです。そもそも紅茶とは何か、とい
った知識から、基本的な紅茶の淹れ方やそれに対する原理、茶葉の種類から、
紅茶と合わせて楽しめるお菓子の知識まで学べるので、これさえ受けておけば
紅茶の知識はほとんど学びきれると思っても過言ではないでしょう。

4位 ティーインストラクター

こちらは日本紅茶協会が主催している、かなり格式の高い資格となっています。
こちらも一から紅茶について学んでいくタイプですが、かなり深度の深い知識を
徹底的に学べる点が特徴です。紅茶のスペシャリストとして活躍したい方には
こちらの資格をオススメできます。

5位 ティーコーディネーター

こちらは紅茶メーカーでもお馴染みのリプトン(LIPTON)が主催する紅茶資格です。
なんといってもリプトンのネームバリューが大きな魅力でしょう。一口に紅茶の資
格を持っている、と言うよりも、リプトンの紅茶の資格と言えば誰にでも伝わるとい
う強みがあるため、そういった面から人気がある資格となっています。

6位 ティースペシャリスト

日本能力開発推進協会が主催する認定試験です。
こちらは講座も同時に紹介しているタイプで、最大で2年弱までサポートの対応を
してくれる点が大きな特徴となっている資格です。

さて、紅茶の資格についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?
それぞれの資格に特徴がありますが、一般の方からも支持されているタイプの
資格が今のところ一番の人気となっていますので、是非検討してみてくださいね。

おすすめの記事