shikakusyutokutsushin

紅茶マイスター認定試験は日本安全食料料理協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品・料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定するものです。

紅茶マイスター認定試験はこの日本安全食料料理協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回は紅茶マイスター認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・紅茶アドバイザー認定試験とは?

紅茶専門店を開業したいと感じた方はまず、紅茶関連の知識や淹れ方の技術などを学ばれると思います。

次に行き詰る点はマーケティングや営業に関する方針や内容になります。

単に紅茶専門店やカフェで紅茶を取り扱いたい!と思っても、具体的戦略なしでは、数多く存在するライバルに勝てません。

紅茶アドバイザー認定資格を取得すれば、自らのお店を開業するのはもちろんですが、

そういった人に良いアドバイスを与えることができるでしょう。

つまり、紅茶店経営に関する知識をビジネスとして活用できるチャンスが広がります。

具体的に紅茶アドバイザー認定資格では、

マーケティングの基礎知識 開業、運営の基礎知識 商品とサービス
マーケティング戦略 ティールームの企画と計画 ティールームの内装・設備

といった点を問題として問われます。少なくともカフェや専門店開業に向けてはこういった知識が必要ということになります。

美味しい紅茶を入れると同時に立地や経営戦略までしっかりと練って、流行りのカフェ店へと展開できるのです。

この試験を受験したい場合は、上記の日本安全食料料理協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本安全食料料理協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

・口コミ評判について

・「カフェを開業する際のアドバイザーとして活動できた」

・「紅茶専門店開業に向けて資格取得した」

といった声があるようです。紅茶専門店といっても、様々なコンセプトのお店がありますので取得した知識を基に、オリジナルのものを生み出すことが大切です。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受験することができます。

カフェオーナースペシャリストと共に取得される方も多いようですね。資格はとっておいて損はまずないので、紅茶好きの方は挑戦してみると良いでしょう。

おすすめの記事