shikakusyutokutsushin

紅茶アドバイザー認定試験は日本安全食料料理協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本安全食料料理協会とは?

日本安全食料料理協会は、食品・料理の技術の理解や食育を通しての各スキルの水準がある一定以上であることを確認し認定するものです。

紅茶アドバイザー認定試験はこの日本安全食料料理協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回は紅茶アドバイザー認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・紅茶アドバイザー認定試験とは?

近年では東京等に紅茶専門店が次々に出来ています。コーヒーショップほどの数はないものの、

紅茶も古くから日本人に愛されている飲み物と言えます。そういった点から、紅茶に関してより詳しくなり、

おいしい紅茶を楽しみたいと思っている人は多数存在します。紅茶アドバイザーの資格を取得すれば、そういった人にレクチャーすることができます。

紅茶アドバイザー認定資格では、茶葉の知識から、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドまで、紅茶についての基礎知識を有していることを問題としています。

紅茶に関する専門的知識はインターネットや書籍から学ぶのは時間がかかり、困難を極めます。人から教えてもらうことが、手っ取り早く、それを望んでいる人が多いでしょう。

単に紅茶を飲むのが趣味!という方も受験を機により一層、紅茶に関する深い知識やおいしい淹れ方等知ることができるでしょう。

知識の幅が広がることにより、趣味としての紅茶も楽しくなると思います。

この試験を受験したい場合は、上記の日本安全食料料理協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本安全食料料理協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

・口コミ評判について

・「紅茶専門店で紅茶を購入していたが、消費者としてよりいい紅茶の見極めができた」

・「知人に紅茶に関して講義を行うことができた」

といった声があるようです。コーヒーソムリエと並行して資格取得される方も多いようですね。難しい試験ではないため気軽に受けられます。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受験することができます。

コーヒーソムリエと並んで人気の資格となります。コーヒー・紅茶に関しては人気が衰退するということはまずありえないので、資格しておいて損はないでしょう。

おすすめの記事