shikakusyutokutsushin

空間ディスプレイデザイナーとは、日本デザインプランナー協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本デザインプランナー協会とは?

日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。

空間ディスプレイデザイナー認定試験はこの日本デザインプランナー協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回は空間ディスプレイデザイナー認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・空間ディスプレイデザイナー認定試験とは?

空間ディスプレイデザイナー認定試験とは、陳列の知識・技術から色彩演出、照明技術など様々な技能が必要とされます。

空間ディスプレイデザイナーとしての知識・技術レベルの社会的な証明を目的とする認定試験です。

昨今は、デザインの手法や求められる技能が多種多様化しています。

空間ディスプレイデザイナーでは小売店などが商品を陳列する際のデザイン力・色彩等の様々な要素がありますが、演出面全般でのスキルを求めています。

近年になり空間をイメージしてそれを具現化するという手法、「空間デザイナー」の認知がなされてきました。

その先駆け・パイオニアとなる資格といってもいいでしょう。空間におけるデザインだけでなく、

ディスプレイという面に特化している分、よりパーソナルな資格ともいえるでしょう。

この試験を上記の日本デザインプランナー協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本デザインプランナー協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

また、就職・転職等、様々な場面で資格を活かせるでしょう。

・口コミ評判について

合格後には、企業への就職や講義活動、インストラクターとして独立するといった幅があるようです。

こういった資格を持っている人材はまだまだ少ないため、こういった資格を取得しておいて損はないでしょう。

「資格取得後に、目標としている企業に就職できた」等の声も多いようです。

また、「空間デザインのスキルが上がったことでデザイン力そのもののスキルアップにもなった」等の声もあるようです。

資格取得にかかる代金も安ければ1万円程度で済むので、良心的な価格設定であるともいえますね。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

空間ディスプレイデザイナー資格を持っている人材はまだまだ多くありません。

この資格を取得しておけば、社会において必要とされる可能性はとても高くなるでしょう。

この資格を取得することでのメリットは今だけでなく、今後10年後、20年後もあるかと思われます。

一生使える資格という面で、取得しておいて間違いがないでしょう。

試験は何度でも挑戦できるのであきらめずに資格取得を目指しましょう。

おすすめの記事