shikakusyutokutsushin

現代のストレス社会において上手にストレスを発散できず、悩みすぎてしまうことにより心が磨耗してしまうという方は少なくありません。
福祉に関する知識やストレスを原因とした症状を理解し、カウンセリングできる福祉心理カウンセラーは悩みを抱える多くの人の手助けになり、また自分自身や家族などの大切な人も守る事ができる資格と言えます。

過大なストレスの負荷から心を病んでしまう人の増加

ストレスチェックの義務化など国がストレスに関する法案を採用したのも記憶に新しいかと思います。
長時間労働や販売や営業のノルマなどのプレッシャーや、同僚や上司との人間関係に悩む人が多く、会社で受けるストレスを上手く自宅でケアする事ができず蓄積してしまったり、また多忙が原因でケアをする時間すらないという方も増えました。
ストレスによる症状をそのまま放置してしまうという方も多いのですが、最終的には仕事に行くことができなくなってしまうこともある為、ストレスのケアは非常に重要なものなのです。
そういったケースの増加から国が動かざるを得なくなり、また国家レベルで警鐘を鳴らすほどの事態という事が伺えます。
またストレスチェック義務化により企業は心のケアができるカウンセラーを必要とするようになりましたが、専門的な分野の為人手不足に陥る会社も多く、十分に人材を確保できないのが現状です。
カウンセラーの需要は今後も増える事が予想される資格となっていますので、自身の生活をより良くもでき、また仕事にも活かしやすい資格として注目が集まっています。

福祉心理カウンセラー認定試験の口コミ

「ストレスで精神的に参ってしまっていた時にカウンセラーに助けてもらい興味が出て勉強を始めた」
「娘が思春期で悩むことが増え、相談されるように、力になれるように資格取得を目指した」
「以前からストレスを上手く発散できず悩みや嫌な感情を引きずる事が多いので自分を変えたくて勉強した」
「高齢の方の介護などの福祉の仕事をしていて、一人一人の心に寄り添いより良い介護ができればと取得しました」
などの口コミが寄せられていました。
多くの口コミは人の為にも自分の為にも生活に上手に取り入れられているようで、前向きな意見が目立ちました。
心は難しい問題ですが、しっかりとした知識を付けることで自分以外にも役立てる事ができ、ストレス社会の現代においては持っていて損は無い資格なのではないでしょうか。

福祉心理カウンセラー認定試験の概要

福祉心理カウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する認定資格です。
日本アロマメディカル心理セラピー協会とは心のケアに関わる資格を扱う団体で、一定の水準以上の能力があると判断できた場合に資格を認定しています。
そういった活動をもち、人材の育成や資格取得者の社会的立場の確立を目的としています。
申し込みは団体のホームページから行え、試験は在宅受験形式を採用している為、リラックスして試験に集中して臨めます。
また在宅受験のメリットとして試験会場に行かなくて良いので、時間の取れない方や遠方に住む方なども気軽に受験できると人気の理由の一つとなっています。
自分の生活をより良く豊かにし、社会的貢献もできる福祉心理カウンセラー。
人の役に立ちたい、ストレスと上手に付き合えないなど、興味のある方はぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事