shikakusyutokutsushin

例えば自分が怪我や病気、また高齢などで思うように動けなくなってしまった時、気落ちしてしまい心因的に塞ぎこんでしまうというのも想像に難しくはありません。
福祉心理アドバイザーはそんな方々に対して的確な心理的アドバイスができ、手助けをすることによって社会的貢献に役立つ資格となっています。

アドバイザーとカウンセラーの違い

「心理」と付くとカウンセラーが一番に思いつく方も少なくはないかと思います。
カウンセラーとアドバイザーの一番の違いはカウンセラーは受動的といえ、アドバイザーは能動的な行動ができる点にあります。
カウンセリングは悩んでいる相談者が自ら足を運び相談をしに行きますが、アドバイザーはそのようなカウンセリングの他に福祉や介護などの現場で自分の知識を教えるスキルが求められます。
現場のスタッフにアドバイスをする事により、更に利用者の心に寄り添える環境作りに力になれる資格といえます。
そのようなアドバイスをメインとした活動をする方も多く、講師として活躍し社会的に大きく貢献する方も中にはいます。
福祉関係に従事されている方は資格を取得することによりキャリアアップ、ステップアップに役立てている方も多くいます。
福祉心理アドバイザーの活躍の場の多くは障害者の方が利用する福祉施設や高齢の方が利用する介護施設などが主となっており、特に高齢化社会の現在において非常に需要が高く、今後も減る事は無いと予想されています。
知識を教える事ができるアドバイザーはそういった施設の人材育成の力になれる為、業界からの注目度の高い資格となっています。

福祉心理アドバイザー認定試験の口コミ

講師資格である福祉心理アドバイザーは福祉の現場で講師活動をしたい、現場にきちんと反映され役立てたいと考える方に特に評価の高い資格となっており、前向きな口コミが多くよせられていました。
「様々な広い視点で福祉を考えられるようになり、沢山の人に感謝されるようになった」
「講師として活動できるようになり、多くの人にアドバイスでき自信が持てた」
などの口コミが寄せられており、直接的に感謝される仕事としてやりがいを感じる方が多い印象でした。
普通に福祉を学ぶ視点とメンタルケアの視点では見えてくる問題点もまた違ったものになることも多いようで、そういった点も含めた広い視点が持てるようになる方も多いようです。
また資格を取得し、講師として活動することによって自信を付ける事で活動の場を更に広げる方も見受けられました。

福祉心理アドバイザー認定試験の概要

福祉心理アドバイザーは日本インストラクター協会が主催する認定資格です。
日本インストラクター協会とは教える力を中心とした技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定できた場合に資格を発行している団体です。
技術者の能力の水準を明確に示すことにより、各スキルを利用する企業や現場が人員の採用を行う際に役立つような客観的な尺度の提供、これを通じて技術者の社会的地位の確立を図り、開業・講師資格として用途や目的に応じて技術の有効活用を行う事ができる人材の育成を目的としています。
試験は在宅受験形式を採用しており、申し込みから資格取得まで自宅で全て済ませる事ができるのも人気の理由の一つです。
資格は一生ものとなり、活かし方は多岐に渡ります。
福祉活動に興味のある方は需要の高い福祉心理アドバイザーの資格取得を目指してみても損は無いのではないでしょうか。

おすすめの記事