shikakusyutokutsushin

睡眠とは毎日行うもので、心身の回復という非常に重要な役目をおった
生理現象の一つですね。最近では不眠症の罹患者数が増加している
という話題もあり、子供の不眠症まで問題になるほどです。

睡眠に関する関心がようやく高くなってきている状況で、それに関する
資格に対しても各業界で注目が集まってきています。

本項では睡眠や快眠に関する資格をランキング形式でご紹介していき
たいと思います。

1位 美快眠セラピスト

サロンや心療内科で活躍している方も多い資格で、日本アロマメディ
カル心理セラピー協会という団体が主催している認定試験です。
どちらかと言うと女性の取得者が多い資格ですが、睡眠不足になり
がちな男性の方にも取得をオススメしたい所です。

入眠時のポイントや、睡眠の質を上げるための知識等を中心に求め
られる試験ですが、難易度としてはさほど高いものではないため、
誰でも気軽に受験できる門戸の広さから支持を集めている資格です。

睡眠関連では最初に取る資格としても候補に上がるものですので、
業界への第一歩として考えている方には特にオススメです。

2位 安眠インストラクター

こちらは安眠に関する知識を中心とした資格認定制度です。
日本インストラクター協会が主催しており、資格を取得した後は講師
活動ができるようになります。

入眠時に安眠の妨げとなるものを理解し、心理的要因や物理的要因
を除去するための知識が必要となるため、生活環境だけでなく心理学
も少し理解しているとより効率的に取得へ向かえるでしょう。

心理学等の知識も多少は必要になりますが、特に専門学校で心理学
を学んでいない方でも受験は可能な点がハードルを下げてくれており、
誰にでも受験できるメリットは非常に大きい所ですね。

3位 CSAスリープケアインストラクター

名古屋大学名誉教授である医学博士、太田達郎氏がテキストを監修
している養成講座とセットとなった資格試験の一つです。
太田氏は総合診療センターひながの名誉院長でもあり、睡眠医学や
精神医学にも精通した人物のため、特化した知識を学べる点がメリッ
トと言えるでしょう。
その分費用や時間が長くかかる点は注意しておきたい所ですね。

4位 睡眠健康指導士

一般社団法人JSES(日本睡眠教育機構)が主催する資格です。
初級から上級の級位があり、取得者数は全国で初級が1500名、上級が
400名とあまりメジャーではない資格となっています。
初級では6時間相当の学習を行った後に認定試験を実施するため、非
常に短期間で資格取得できるのが魅力でしょう。
上級でも3日間の講習で取得が可能な反面、知識量として本当に足りて
いるのかが不安になってくるというデメリットも存在します。

5位 CSAスリープケアセラピスト

こちらは日本快眠協会が主催する認定資格制度です。
眠るためのコンディショニングを主とした知識に特化した資格で、エナ
ジースポットと呼ばれる他のものには無い要素を取り扱うものです。
他の資格取得者とは違う要素で勝負をしたい人にはオススメの資格
と言えるでしょう。

さて、快眠や安眠に関する資格のご紹介でした。
受けやすいものが上位にあるあたり、一般の方の需要が高いものと
いうことが分かりますね。興味のある方は調べてみてくださいね。

おすすめの記事