ドッグトレーニング

犬と一緒に暮らす人がますます増えている現代。

正しいしつけ方法を身につけたいという飼い主も増え、ドッグトレーニングに関する資格にもさらに注目が集まるようになりました。

たくさんのドッグトレーニングに関する資格の中で「自分に合った資格はどれなのか?」とお悩みの方へ、おすすめの資格をランキング形式でご紹介します。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーは、「日本生活環境支援協会」が認定している資格で、家庭での犬のしつけ方法や、トレーニングの基礎を身につけている人に与えられる資格です。

ドッグトレーニングアドバイザー認定試験では、おすわりや伏せ、散歩での対応方法など、基本的なトレーニングが出題範囲となっているため、愛犬のために正しいしつけ方法を身につけたいという人や、愛犬との関係をより良くしたいという人たちから特に人気のある資格です。

また、資格取得後は、同じようにドッグトレーニングアドバイザーを目指す人を育成する講師としても活動できるため、犬のしつけに関する情報をより多くの人に知って欲しいという思いがある人にとっては、さらに活用の幅が広がる資格です。

自宅受験が可能な資格で、受験料も1万円と比較的費用も抑えられるので、仕事に活用したいという人だけでなく、愛犬との関係をより良好にしていきたい人にもおすすめです。

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけインストラクターは、犬種や性格によるしつけ方の違いや、ハーネスなどの道具を使ったしつけ、立ち入り禁止エリアの教え方など、実践的な知識を一定以上身につけている人に与えられる資格です。

犬のしつけインストラクターを認定しているのは「日本インストラクター協会」で、資格取得後に講師活動も可能になることから、愛犬のしつけのためだけでなく、自宅などで犬のしつけ教室を開講して、犬のしつけに悩む人の役に立ちたいという人からも人気を集めているようです。

犬のしつけインストラクターも1位のドッグトレーニングアドバイザーと同様に、自宅受験できる資格となっているため、なかなかまとまった時間が取れないという人や、外出が難しい人にもおすすめできる資格です。

3位 家庭犬ドッグトレーナー

家庭犬ドッグトレーナーは「国際家庭犬トレーニング協会」が認定している資格で、知識や技術の習得度合いに応じて、「家庭犬トレーナー 2級」と「家庭犬トレーナー 1級」に段階分けされており、2級を取得してから1級の資格に挑戦できる仕組みとなっています。

「家庭犬トレーナー2級」を受験するためには、規定の通信講座を受講後に講習会へ出席するか、指定校に在籍中、または卒業している必要があります。

通信講座を受講する場合には、トレーニングの基礎から動物行動学、犬とのコミュニケーション方法を学ぶことができるため、ドッグトレーニングについて、基礎から段階を追って学んでいきたいという人におすすめの資格です。

4位 JCSA認定「ドッグトリマー」

JCSA認定「ドッグトリマー」とは、動物病院やペットショップなどで活躍しているドッグトリマーとしての能力を認められる資格です。

JCSA認定「ドッグトリマー」の資格を取得するためには、「ドッグトリマー養成専門講座」を受講する必要があり、通信講座を修了後、実技スクーリングを経て「ドッグトリマー」の資格認定証が交付されます。

犬のしつけに特化した資格ではないですが、ドッグトリマーとして仕事をすることを目標にしている人にはおすすめの資格です。

5位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

JCSA認定「ドッグトレーナー」とは、ペットに関連した事故やトラブルを事前に回避するため、飼い主の相談相手となり、犬のトレーニングを適切に実行できる人に与えられる資格です。

JCSA認定「ドッグトレーナー」も4位の「ドッグトリマー」と同様に、認定講座である「ドッグトレーナー養成専門講座」を修了し、実習を経験することで資格認定証が交付される流れとなっています。

通信講座や実技スクーリングを受講する分、費用や資格取得までの期間はかかりますが、ドッグトレーナーになるために専門講座を受講してみたいという人にはおすすめの資格です。
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング

おすすめの記事