shikakusyutokutsushin

温泉は趣味や日々の疲れを癒やすために利用するのはもちろん、健康や医療の観点でも役立つ要素がたくさん詰まっています。

そのような温泉の知識を得るために、資格を取得してみたいと考えている人も少なくないかもしれません。

温泉観光に関する資格は注目度も高く、現代ではたくさんの種類が存在しています。

たくさん種類がある中で、自分に1番適した資格はどれなのか知りたいという人にぜひ見てほしい、温泉観光資格人気ランキングをご紹介します。

1位 温泉観光アドバイザー

温泉観光アドバイザーは、温泉の泉質や効能、所在地や観光にまつわる知識を一定以上身につけている人に与えられる資格です。

認定している協会は「日本生活環境支援協会」で、日本各地の観光協会からも評価されていると言われている資格です。

また、資格取得後は講師としても認められる資格なので、観光業界への就職に役立てられるのはもちろん、自宅やカルチャーセンターで温泉の良さを人へ伝える活動も可能になります。

オンライン申し込みをすることで自宅受験でき、受験料も1万円と比較的挑戦しやすい資格なので、職業としてだけでなく、趣味で温泉の知識を深めたいという人にもおすすめできる資格です。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

サナトリウム健康アドバイザーは「日本インストラクター協会」認定している資格で、健康に役立つ温泉の入浴方法や効能、泉質などの知識を持っている人に与えられる資格です。

温泉の中には、慢性的な病気などの改善のために湯治場として古くから使われているところも少なくありません。

そのようなサナトリウムとしての温泉の知識を得られる資格として、サナトリウム健康アドバイザーは医療関係の仕事をしている人たちからも注目を集めている資格です。

また、温泉に行くのが趣味だという人にとっては、サナトリウム健康アドバイザーの資格を取得することで、自分の気分や体調に合わせて温泉を選べるようになるというメリットもあります。

サナトリウム健康アドバイザーは、温泉と体調や健康を結びつけて考えられる知識を得たいという人におすすめの資格です。

3位 温泉ソムリエ

温泉ソムリエとは、温泉ソムリエ協会が認定している資格で、温泉の正しい知識や入浴方法を身につけた人に与えられる資格です。

温泉ソムリエの資格を取得する方法はいくつかあり、セミナーを受講する方法や、温泉ソムリエ認定ツアーに参加する方法、インターネットで認定講座を受講する方法などがあります。

いずれの方法の場合でも、認定講座受講から資格取得までの費用は2万円以上と、上位2つの資格よりは費用が高めですが、温泉について1から学びたいという人やセミナーに参加してみたいという人には適した資格です。

4位 温泉観光士

温泉観光士は、「日本温泉地域学会」が主催している資格で、観光士養成講座を受講して、認定試験に合格した人に与えられる資格です。

観光士養成講座は群馬県草津町が講演している講座で、専門家から温泉学を平易に講義してもらうことで、温泉の本質を理解し、温泉地域の発展に役立つ実践力を身につけることが目的とされています。

温泉観光士として認定されるには、講義を受講することはもちろん、試験や野外実習への参加も必要となります。

温泉学を本格的に学び、温泉地の発展に役立てたいという思いがある人に挑戦してほしい資格です。

5位 温泉保養士

温泉保養士とは、健康につながる温泉の活用の仕方や、温泉地での健康的な過ごし方を正しく提案できる人に与えられる資格です。

温泉保養士の資格を取得するためには、「日本温泉保養士協会」が実施する養成講習会での講習を修了し、認定試験に合格する必要があります。

講習会は3日間で、温泉の基礎知識から温泉医療、現代の湯治システムについてなど、全11課程を習得します。

なお、資格の有効期間が5年と定められているため、資格を継続させるためには更新講習を受講する必要があります。

観光や温泉事業に携わる人や、福祉事業で入浴サービスなどを提供している人に、検討してほしい資格です。

おすすめの記事