洋食

洋食といっても、その意味は幅広いです。西洋料理そのものを意味する場合もあれば、日本で独自に進歩した西洋料理風なものも意味する場合もあります。日本的洋食には、日常の食卓でよく見かける、カレ-ライスやカキフライなどがあり西洋料理の洋食は、マカロニグラタンやピカタなどがあります。このように洋食は、私達の食生活の中に、浸透して身近なものになっています。でも、家庭の中で、もっと洋食を極めたいと思われている人、仕事でスキルアップを目指したいと思われている人のために洋食の基本的知識からレシピにいたるまで、あらゆる洋食の知識を身につけることができるのが、洋食資格です。今回は、洋食資格人気ランキングを、ご紹介します。

1位 洋食エキスパ-ト

日本の洋食は、幕末から明治にかけて生まれました。西洋人のために西洋料理店がつくられたのが、始まりです。日本初の西洋料理店は1863年長崎でできた「良林亭」でした。このような日本の洋食の歴史について詳しく学びます。実践では、洋食の下準備の仕方・コンソメやガ-リックソ-スなど洋食のソ-スの作り方・洋食のレシピなどを習得することができます。また、包丁やフライパン・鍋の道具の使い方・ブイヨン、オリ-ブオイル、バルサミコスなどの調味料の知識を学びます。調理方法の焼く・煮込む・揚げる技術を習得し、美しく仕上げるポイントなども習得することができます。洋食の基本的マナ-についても学びます。

<試験概要>◎主催→日本安全食料料理協会 ◎受験資格→なし ◎受験料→¥10000(税込)◎受験申請→インタ-ネット ◎受験方法→在宅受験 ◎合格基準→70%以上の正解率

<試験日程>◎試験期間→2か月に1回(20日~25日)(2月・4月・6月・8月・10月・12月)◎受験申込期間→試験月の1か月前の1か月間 ◎答案提出期間→試験月の月末 ◎合否通知発送日→試験月の翌月の20日(2月→3月・4月→5月・6月→7月・8月→9月・10月→11月・12月→1月)

2位 健康西洋料理インストラクタ-

いろいろな西洋料理のレシピを学び、実際に作ることができる技術を養うことができます。西洋料理に使う食材、肉や魚・野菜のこと、調味料に使うバタ-・塩・ハ-ブ・オリ-ブオイルのことなどの知識を習得して、食材にあわせての調理方法ができるスキルを養うことができます。デミグラスソ-ス・バルサミコソ-ス・ガ-リックソ-スなどのソ-スの作り方やポイント・注意点などを学びます。さなざまな洋食の知識を身につけて、人に指導していけるスキルも身につけることができます。

<試験概要>◎主催→日本インストラクタ-協会 ◎受験資格→なし ◎受験料→¥10000(税込)◎受験申請→インタ-ネット ◎受験方法→在宅受験 ◎合格基準→70%以上の正解率

<試験日程>◎試験期間→2か月に1回(20日~25日)(2月・4月・6月・8月・10月・12月)◎受験申込期間→試験月の1か月前の1か月間 ◎答案提出期間→試験月の月末 ◎合否通知発送日→試験月の翌月の20日(2月→3月・4月→5月・6月→7月・8月→9月・10月→11月・12月→1月)

3位 西洋料理テ-ブルマナ-講師認定

テ-ブルマナ-を世間に広めるための、テ-ブルマナ-講師認定制度です。西洋料理の歴史・伝統について学び、食事の時の礼儀とマナ-をしっかりと学ぶことができます。受験資格(一般社団法人日本ホテルレストランサ-ビス技能協会のHPを見て下さい)・合格後、認定資格がもらえます。(認定資格料¥1250)
◎主催→一般社団法人ホテルレストランサ-ビス技能協会

4位 フードスタイリスト

食品を撮影する専門家として認められた資格です。食材や料理が、新鮮で美味しそうに見えるように、構成をしたり、演出をすることができる知識を習得することができます。食品の知識も持ち、食品の良さを引き出せる感性を養うことができます。3級~1級までの資格があります。3級(検定本+問題集で学び受験)(筆記試験のみ)(永年資格)2級(検定本+問題集(2級・3級)で学び受験)(筆記+実技)(受験資格は3級資格認定者+協会会員)1級(認定講座を受講後に受験)(実技試験+提出作品)(受験資格は2級資格認定者+協会会員)
洋食  洋食

おすすめの記事