shikakusyutokutsushin

食事中やティータイム、ちょっとした息抜きに温かい日本茶が欠かせないという人に、ぜひ検討してほしい日本茶・お茶関連の資格。

日本茶への注目度と比例して、現在ではたくさんの日本茶・お茶に関する資格が存在しています。

たくさんある日本茶やお茶の資格の中でも、特におすすめの資格をランキング形式でご紹介します。

1位 日本茶セレクター

日本茶セレクターとは「日本安全食料料理協会」が認定している資格で、日本茶の茶葉の知識や収穫の方法、走り新茶や八十八夜新茶などの茶摘みの時期について、基本的な知識を有している人に与えられる資格です。

また、お茶の値段はどのように決められるのかや、美味しく日本茶を淹れる方法など、日常生活にそのまま役立てられる実践的な知識を身につけることもできます。

日本茶セレクターの資格を取得すると、自宅やカルチャーセンターなどで講師活動もできるようになるため、趣味で日本茶を楽しみたいという人から、仕事に日本茶の知識を活かしたいという人まで、幅広く人気のある資格です。

日本茶セレクターは、インターネットから申し込みをするだけで、自宅受験できる資格のため、家事や育児で外出が難しいという人や、副業を考えている人にもおすすめです。

2位 緑茶インストラクター

緑茶インストラクターは、日本茶の基礎知識はもちろん、各地の有名なお茶やお茶を普及させた偉人、茶道具の知識など幅広い日本茶の知識を身につけていることが証明される資格です。

また、「茶葉の天ぷら」や「茶飯など」茶葉を使ったレシピも出題範囲となっていることから、日本茶について料理の観点からも学ぶことができる資格として人気を集めています。

受験料は1万円で、オンライン申し込みをすることで自宅受験できるシステムになっています。

緑茶インストラクターは、他の資格とは少し違った観点で日本茶を楽しめる内容が含まれているので、日本茶について初心者だという人はもちろん、日本茶に馴染みがあるという人にも、新しい発見ができる資格としておすすめです。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザーは、日本茶に関するインストラクターのアシスタントとして初級指導ができると認められた人に与えられる資格です。

受験の方法は3パターンあり、「日本茶アドバイザー養成スクール」に通学する方法と、「日本茶アドバイザー通信講座」で学習した後に日本茶アドバイザー認定試験を受験する方法、

ワンタンク上の「日本茶インストラクター通信講座」を修了することで申請するだけで資格を取得できる方法があります。

このようにスクールや通信講座での学習が受験資格として含まれているため、費用や手間は上位2つの資格に比べるとかかってしまいますが、日本茶について丁寧に学んでいきたいという人にはおすすめできる資格です。

4位 日本茶インストラクター

日本茶インストラクターは、3位の日本茶アドバイザーと同じ「日本茶インストラクター協会」が認定している資格で、日本茶の中級指導者として認められる資格です。

日本茶インストラクターの資格を取得することで、日本茶教室の開催や日本茶アドバイザーの育成などに携わることが可能です。

日本茶インストラクター認定試験は、20歳以上の人であれば誰でもチャレンジすることができますが、1次試験として筆記試験を、2次試験として実技試験を受験する必要があるため、試験範囲を効率よく学ぶために「日本茶インストラクター通信講座」を修了してからの受験が推奨されています。

5位 日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリストは「日本能力教育促進協会」が認定している資格で、日本茶の製造工程や茶葉の分類などの知識を身につけることで、日本茶教室の開催や、ビジネスに知識を活かすことができる、日本茶のプロであると認められる資格です。

日本茶スペシャリストの資格を取得するためには、「日本茶スペシャリスト資格取得講座」を受講する必要があります。

ネットを通じて講座を受講し、認定試験もWeb上で行う流れとなっており、自宅で資格取得を目指したいという人には、おすすめできる資格です。

おすすめの記事