shikakusyutokutsushin

皆さんはどのようにして資格を取っていますか?簿記や英語検定などよく知られている資格ならどこに申し込めばいいのかすぐにわかります。しかし、それ以外の資格をとりたいと考えたときはどこに申し込めばいいのだろうと考えると思います。通信講座でとるなら講師の方が教えてくれますが、独学でとるとなったときには自分で探さなくてはなりません。最近では就職に有利な資格以外にもたくさんの資格が登場しています。日本生活環境支援協会では生活に関するスキルが一定以上あると認定された人に資格を送っています。素の資格にはDIYからマネジメントまでと幅広くあります。今回は日本生活環境支援協会で取れる資格や口コミ評判についてご紹介します。

日本生活環境支援協会とは

日本生活環境支援協会という協会を知っていますか?知らないという人は多いと思います。日本生活環境支援協会とは生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを資格認定しています。ある分野に対して技術を持っているとしてもそれがどの程度のものかを判定するのは難しいです。

日本生活環境支援協会では資格認定制度によってそれらスキルの向上だけでなく、能力の水準を示すことで人材採用の場で評価の尺度とし、技術者の社会的地位を確立することを目的にしています。ただスキルを持っていることを採用側に示すだけでなく、しっかりと未来を見据え、社会的にも認定されるように活動しています。

また本試験はインターネットを利用して行われるため、自宅からでも受験でき、忙しい社会人や主婦の方も挑戦しやすい試験となっていますので興味がある方はぜひ受験してみてください。

どんな資格があるのか

では日本生活環境支援協会が認定している資格についてご紹介します。

  • パワーストーンスペシャリスト認定試験
  • ロジカルシンキングマスター認定試験
  • DIY工作アドバイザー認定試験
  • 羊毛フェルトアドバイザー認定試験
  • ベランダ菜園アドバイザー認定試験
  • 健康ウォーキングアドバイザー認定試験
  • ビジネスマネージメント認定試験
  • 収納マイスター認定試験
  • ハウスクリーニングアドバイザー認定試験
  • 住まいアドバイザー認定試験
  • 手芸アドバイザー認定試験
  • ガーデニングアドバイザー認定試験
  • 環境生活指導士認定試験
  • 住生活材料品質鑑定士認定試験
  • 土地建物アドバイザー認定試験
  • ライフ環境アドバイザー認定試験

どれも生活に関係している資格ばかりです。中には聞いたこともないような資格もあります。今回は環境生活指導士・住生活材料品質鑑定士・土地建物アドバイザー・ライフ環境アドバイザーを例にしてご紹介します。

環境生活指導士とは環境について一定以上のレベルの知識を身につけ、これからの社会の姿を考えられる人材のことです。似たような試験としてeco検定があります。

住生活材料品質鑑定士とは建物、及び建築材料に関する一定以上の知識を持ち、住生活の視点から建物全体を鑑定・判断する能力を持っている人のことです。住宅を建てるときにデザインよりも生活環境などに重点を置いて考える資格になっています。

土地建物アドバイザーとは土地建物について一定以上のレベルの知識を身につけ、土地,建物に関わる問題を的確にアドバイスできる人に贈られる資格です。土地を買うときなどに必要な知識を持っているとされています。

ライフ環境アドバイザーは、高齢者や障害のある方などが快適に生活できる住環境や福祉用具・施策などを活用できるようにアドバイスできる人のことです。

これらの資格の認定試験を日本生活環境支援協会が行っています。どの試験も2か月に1度行われ、一律1万円の料金となっています。

口コミ評判

それでは日本生活環境支援協会口コミ評判についてみていきたいと思います。

『今まで以上に顧客に適した提案をできる様になった』

『資格を持ったことで近所の方とのコミュニケーションが上手く取れた』

『ストレスを軽減してあげられる』

『顧客に対して、最適なアドバイスができるようになった』

生活に関する資格ですが、顧客と密接にかかわる分野が多いので、自分の提案に自信がもてるようになったという声やコミュニケーションが取れるようになったという声があります。

住宅関係に関わる仕事をしている人や主婦にはピッタリです。

おすすめの記事