shikakusyutokutsushin

近年、食や健康に対しての意識は高く、カフェを開業したり、料理研究家として活躍したりできる時代になってきています。一般人のなかには料理にこだわる人も少なくありません。そんななかで食や健康に関する資格も数多く登場しています。日本安全食料料理協会で食・健康に関する資格の認定試験を行っています。食や健康に関する資格はこれまで少なく、調理師や栄養士などがよく知られています。しかし、それ以外にもより専門的な資格があるのを知っていますか?今回は日本安全食料料理協会が認定している資格や口コミ評判についてご紹介します。

日本安全食料料理協会とは

日本安全食料料理協会では食品・料理に関する技術やスキルが一定以上の水準を満たしていることを認定しています。また、スキルの向上や現場でも役に立てる資格であることを示し、人材育成を図っています。

最近では資格を持っていても実際に現場では役に立たないということも少なくありません。しかし、日本安全食料料理協会では実際に現場で資格を役立てることを目的としています。どんな資格も使えなければ意味がありません。使えるからこそ仕事として成り立てるようになります。

少し前までは手軽さがいいファストフードなどがよく食べられていましたが、日本食や健康ブームもあり、食への意識は高い傾向になっています。個人でもカフェなどの飲食業を出している人にとって知識・スキルがあることは大切なことです。

どんな資格があるのか

では日本安全食料料理協会ではどんな資格がとれるのか見ていきましょう。

  • コーヒーソムリエ認定試験
  • カフェオーナースペシャリスト認定試験
  • 紅茶アドバイザー認定試験
  • 紅茶マイスター認定試験
  • ワインコンシェルジュ認定試験
  • ハーブライフインストラクター認定試験
  • 薬膳調整師 認定試験
  • 漢方コーディネーター認定試験
  • スパイス香辛料アドバイザー認定試験
  • 和食エキスパート認定試験
  • 食用オイルソムリエ認定試験
  • ベジスイーツマイスター認定試験
  • ドライフルーツセレクター認定試験

昔からよく知られている調理師や栄養士などの資格ではなく、ある特定の分野に絞った資格が数多くあります。最近の飲食業では専門店などがよくオープンしています。その影響も少なからずあるのでしょう。また、このような資格は料理人だけでなく、家庭で料理をする主婦にも人気の資格です。“健康に気を使いたいけどよくわからない”“もっと料理の勉強がしたい”と考えている主婦にはオススメの資格です。

資格を取るには日本安全食料料理協会のHPから応募するだけで受けることができます。また、どの試験は2か月に1度に行われ、自宅で受験ができるようになっています。ほかの資格に比べて忙しい人でも受けやすいようになっているのも人気の理由の一つです。

食や料理に興味があるという人はぜひ受けてみてはいかがでしょうか。

口コミ評判

それでは日本安全食料料理協会口コミ評判について。

『自分なりに勉強していたつもりだったのに、知らないことも多いことに気づかされた』

『紅茶マイスターの認定試験を申し込んだが、自宅で受験できるため都合の良い時間を試験にあてることができた』

『ワインでのおもてなしのときに友達に喜んでもらえた』

『自宅で落ち着きながら受験できるのが嬉しい』

『毎日の食生活が向上した』

知識の向上や時間の有効活用ができ、落ち着いて受験ができると評判はいいようです。また食に関する資格が多いため、食生活にもうれしい変化があるようです。興味を持って受験する人が多いようですが、合格できた分だけうれしい変化があります。スキルアップにも繋がりますので、興味があるという人はぜひ日本安全食料料理協会のHPで資格をチェックしてみましょう!

おすすめの記事