数秘術

仕事や恋愛、友達関係、家庭環境・・・日常生活の中で、つまずいたり迷ったりした時に、占いで自分の行くべき道や解決策を知りたくなります。占いには、四柱推命・九星気学・星座占い・タロットなど有名なものがありますが、数秘術も有名で古くからあり、数を使って占いをします。数秘学は、数字は、もともと記号で存在を表し、一つ一つの数字に意味があり数字の法則で世の中は動いているという考えです。数字によって人の「運命」「使命」「才能」「カルマ」などを占うことができます。数秘学の資格をもっていれば、もちろん、あなたが占いの仕事をされていれば仕事のスキルアップになります。また、仕事でなくても数秘術を知っていれば、自分自身の悩みを解決することができ、悩んでいるまわりの人にアドバイスをしてあげることができます。今回は、数秘術資格人気ランキングを、ご紹介します。

1位 数秘術セラピスト

数秘術を極めるためには、まずは数秘術の歴史を知っていなければいけません。数秘術の創始者はピタゴラスで「数秘術の父」と呼ばれていました。数千年前ギリシャ・中国・エジプト・ロ-マで数秘術は広がりピタゴラスからプラトンへ受け渡され、少しづつ形を変えて現代に繋がってきています。そんな詳しい数秘術の歴史について学びます。歴史を知った上で、次は数秘術では1から9までが基本の数字で、数字の一つ一つに意味があることを学び習得していきます。そして、数秘術の占い方を実践で学びます。一番有名なものが、誕生日の誕生日数です。誕生日は一人一人違うので個人の運命を特定しやすいです。誕生日の数字を順番にたしていき最後が一桁になるまでたし残った数字が、自分の性格や運命を表す数字と言われています。数秘術セラピストは、数秘術の歴史・数字のもつ意味・占い方を完全にマスタ-した人の資格です。

<試験概要>◎主催→日本アロマメディカル心理セラピ-協会 ◎受験資格→なし ◎受験料→¥10000(税込)◎受験申請→インタ-ネット ◎受験方法→在宅受験 ◎合格基準→70%以上の正解率

<試験日程>◎試験期間→2か月に1回(20日~25日)(2月・4月・6月・8月・10月・12月)◎受験申込→試験月の1か月前の1か月間 ◎答案提出期間→試験月の月末 ◎合否通知発送日→試験月の翌月の20日(2月→3月・4月→5月・6月→7月・8月→9月・10月→11月・12月→1月)

2位 数字占いアドバイザ-

数字占いアドバイザ-は、意味があるとされる数字1から9までを使って、数秘術の方式で生年月日をたし最後の数字を出し、氏名も数字に変換して最後に数字を出し、そこから本人の潜在意識を知ることや、性格、適している仕事なども占える技術を習得します。また、本人だけではなく相手との相性を占ったり、相手の性格を占ったりすることができる技術を身につけることができます。さらに、何か大切な事をするのに適している日にちを占う技術も学びます。

<試験概要>◎主催→日本インストラクタ-協会 ◎受験資格→なし ◎受験料→¥10000(税込)◎受験申請→インタ-ネット ◎受験方法→在宅受験 ◎合格基準→70%以上の正解率

<試験日程>◎試験期間→2か月に1回(20日~25日)(2月・4月・6月・8月・10月・12月)◎受験申込期間→試験月の1か月前の1か月間 ◎答案提出期間→試験月の月末 ◎合否通知発送日→試験月の翌月の20日(2月→3月・4月→5月・6月→7月・8月→9月・10月→11月・12月→1月)

3位 数秘学カウンセラ-

数秘学カウンセラ-は、数秘学の基本を学び有料でカウンセリング・アドバイス・診断などができるように指導されプロとして認められる資格です。また、第三者へのアドバイスやカウンセリングの際の注意点を学ぶことができるので、実践でいかせていけます。

<資格概要>◎主催→一般社団法人誕生数秘学協会 ◎数秘学カウンセラ-認定セミナ-を受講。受講後、認定証・日本誕生数秘学協会認定カウンセラ-として有料カウンセリングの開始の許可・JBA協会公式HPにカウンセラ-名を掲載することができる(年間費有料)◎参加費→2日間(10:00~17:00)¥108000(税込)
数秘術資格  数秘術資格

おすすめの記事