shikakusyutokutsushin

手芸アドバイザー認定試験とは、日本生活環境支援協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本生活環境支援協会とは?

日本生活環境支援協会は、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

手芸アドバイザー認定試験はこの日本生活環境支援協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回は手芸アドバイザー認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・手芸アドバイザー認定試験とは?

近年主婦層の間では、ハンドメイド作品がとてつもない人気をほこっています。

忙しい生活の中でも、スキマ時間等を使ってできるというのが人気の一つでもあります。

そうした人気の中から、副業としてハンドメイド作品を作るというのも一つのビジネスモデルとして確立されてきています。

趣味の範囲だけでなく、商売として使えるスキルであるというのが証明されてきています。

ハンドメイド作品が本当に売れるの?という疑問がある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、テレビ番組などでも有名人が名をふせて商品を作るといった企画でも、多数の商品が売れていました。

最近はハンドメイド作品の売買に関する専門雑誌も販売されているほどです。

手芸アドバイザー認定試験では、単に手芸に関する作り方の知識やスキルだけでなく、

糸の種類や糸の取り扱いに関する事項まで試験に盛り込まれています。

より手芸の分野に関して奥行きのある知識が必要となってきます。

この試験を上記の日本デザインプランナー協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本生活環境支援協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格取得後は、趣味の範囲だけでなく副業のための作品作りに役立てることができます。

ハンドメイド専用の通販サイト等もたくさんあるため、資格を活かす機会もたくさんあります。

・口コミ評判について

手芸に関してはオンリーワンの作品が出来上がるという面で、近年とても人気が急上昇している分野ではありますが、ビジネスとしても活躍する分野でもあります。

実際に資格取得された方の声として

・「自分の子供や友人へのプレゼントとしての作品作りに役立てることができた」

・「副業として、売買サイトでの出品に役立った」等の声があるようですね。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

ハンドメイドに関する広い知識を習得できる資格であるため、単に作る際の知識だけでなくモノ作りの際のアイディア力も養うことができるでしょう。

おすすめの記事