手相

手相鑑定士認定試験とは?

手相とは、占いの一種で、手のひらにあらわれる線から、相手の運勢を読み取ります。手相鑑定士認定試験は、手相に関する知識と、実際に占いを行う事のできる能力を持っている人に与えられる資格です。手相は統計学をベースにしている占いなので、信頼できるという方も多いです。

手相占いで生計を立てるには、特に資格が必要というわけではありませんが、手相鑑定士認定試験を受験する事で、手相に関する様々な知識を効率よく学ぶことができます。趣味で手相を学んでいる人にとって、スキルアップにも役立ちます。手相占いを専門にしている占い師を目指すのはもちろん、手相占いのライターやアドバイザーという道にも役立つ資格です。占いには、人の話を聞くというカウンセリングの要素もあるので、コミュニケーション能力の向上のためにも役立つというメリットがあります。

手相鑑定士認定試験の内容

手相鑑定士認定試験は、日本インストラクター協会が主催している資格です。試験では手相占いを実際に行い、相手の運勢を占うことができる知識とスキルを求められます。手相をはじめとした占いは、占いの知識だけでなく、相手の悩みや不安に感じている出来事を探るカウンセリング的な要素も重要です。占い師になるには、プロの占い師に弟子入りするのが近道と言われていますが、その前に手相鑑定士の資格を持っておくことで、手相占いの基礎知識が役立つでしょう。

資格取得後は、プロの占い師に弟子入りする、手相占い専門の占い師として独立するといった道はもちろん、手相の知識を人に教える講師として活躍することもできます。最近では、インターネットで手相に関するホームページを開設し、メールや電話占いを行う方もいます。

手相鑑定士認定試験を受験した人の口コミと評判

「以前から占いが大好きで、手相占いも何度も受けたことがありました。数々脳内の中でも手相占いは良く当たる気がしたので、自分でも手相占いができるようになりたくて、手相鑑定士の資格を取りました。独学で楽しく勉強できて手相の知識を身に付けることができたのでよかったです。」

「手相鑑定士の資格を取得してからは、周りの友人や家族に手相占いをして喜ばれています。占いの技術だけでなく、人それぞれの悩みを聞くカウンセリング的な技術も身に付き、人からの相談を受けるのに役立ちます。人と上手にコミュニケーションをとるためにも、とても有意義な資格だと思います。」

「以前から占いが好きで、いつか占い師になって人の悩みを解決したいと思っていました。特に手相占いに興味があったため、手相鑑定士を受験することにしました。今は友人の手相を見たりしながら、自分の知識や技術を磨いている最中です。」

手相鑑定士の資格を取得したことで、家族や友人の手相を見てあげたり、自分自身を占ったりすることができるようになるほか、実際に手相占い師を目指す人にも役立つ知識を身に付けることができるため、手相占いについてより深く知りたいという方にとってはおすすめです。

手相鑑定士認定試験を受験するには

手相鑑定士認定試験は偶数月に開催されるため、年6回受験のチャンスがあります。受験資格は特にありません。手相に興味がある方なら、初心者でも受験しやすい資格です。手相鑑定士認定試験は、日本インストラクター協会のホームページからインターネットで申し込みます。受験料は10,000円(税込み)で、申し込み後に送られてくる解答用紙と問題用紙を受け取る際に、代金引き換えで受験料を支払います。試験は在宅で行うので、自分の慣れた自宅の環境で集中して受験することができます。

手相鑑定士認定試験の難易度と合格ライン

手相鑑定士認定試験は、70%以上の正答率が求められます。手相鑑定士の資格の難易度は低く、手相に興味がある人が最初に取得するにはぴったりの資格です。手相鑑定士認定試験は、実際に手相を見るための知識を求められるほか、相手の悩みを聞くためのカウンセリング手法も問われます。
手相資格  手相資格

おすすめの記事