パン

パンは多くの人の生活に欠かすことのできない食べ物です。パンをもっとおいしく食べたい。パンを食べるだけじゃなくて作ってみたい。もっと上手に作れるようになりたい。パン作りを仕事にしたい。そんなあなたに、今回は人気の手作りパン資格をランキング形式でご紹介します。

1位 手作りパン健康ソムリエ

手作りパン健康ソムリエはパン作りそのものはもちろん、日本国内外のパンの歴史、材料、製法などパンに関わる知識やパン作りのための器具や道具の知識を身につけられた方に認められる資格です。古今東西のさまざまな種類のパンの製法、小麦粉、酵母などの知識のほか、具体的な手順や焼き上げのポイントを理解していること、パンに関する幅広い知識が問われます。お仕事はもちろん趣味で自家製のおいしいパンを作りたい方におすすめの資格です。

手作りパン健康ソムリエの資格は受験資格は特にないので誰でも受験することが可能で受験料は10,000円です。インターネットから申し込みで、在宅での受験が可能です。試験も2か月ごとに実施されます。

趣味だけではなくお仕事でも活用できるおすすめの資格です。手軽に受験できるのもおすすめポイントです。

2位 パン・ベーカリーアドバイザー

パン・ベーカリーアドバイザーはパンの種類、製法の幅広い知識を持ち、パン作りの技術を実践レベルで有している方に認めらる資格です。パンの種類、調理、材料の選び方や発行の手順などの知識はもちろんのこと、パン作りの技能も問われます。この資格を得て、パン作り教室などで講師として活動することができますし、趣味で本格的なパン作りに挑戦することもできるでしょう。

パン・ベーカリーアドバイザーの資格も誰でも受験でき、10,000円からインターネットで手軽に申し込むことができます。在宅での受験が可能で2か月に1度実施されます。

お忙しい方でも気軽に受験できますからおすすめです。

3位 おうちパンマスター

おうちパンマスターはパン作りの初心者の方におすすめの資格です。家族や友達に気軽に手作りパンを食べさせてあげたい、パン教室や保育園などで人にパン作りをおしえたい方にはぜひチェックしていただきたい資格です。こちらの講座で学べるパン作りは普通のパン作りよりも手軽でシンプルです。簡単に楽しくおいしいパンが作れるようになるということで人気です。

この資格は2通りの方法で取得でき、一つは通信講座を受けた後、テストに合格することで与えられます。

もしくは、全国のおうちパンマスターの先生が主宰されている専用のレッスンを受講した後でテストに合格することで与えられます。

4位 パンアドバイザー

パンアドバイザーはパンを作ったり売ったりする人だけでなくパンを食べるすべての人を対象とする資格です。パンの材料や製法、歴史などの知識とともにパンの表示を読み取る実践的な知識も身に付けることができます。ただ食べるだけでなく、より楽しくパンを選び、健康的においしく食べることができるようになります。パンを食べる生活に活かせる実践的な資格です。

専用のカリキュラムが用意されており、75,500円で受講、試験を受けることができます。

5位 パンコーディネーター資格

パンコーディネーターの資格はパンを食べるという観点で、パンに関する豊富な知識を持ち適切なアドバイスを行うことができる証明になります。この資格を取得して、どうすれば、よりおいしくパンを食べることができるか、パンの魅力をもっと引き出すことができるかの提案や指導をすることができます。日本の食文化の中でパンの価値をより高めていくことができる人に認定される資格です。

パンコーディネーターの資格は三段階あり、パンを仕事にしたい人向けのプロフェッショナルな資格です。

6位 パンシェルジュ検定

パンシェルジュとはパンの奥深く幅広い知識をもつ人の証明となる資格です。パン作りの知識はもちろん、パンの歴史、海外のパンのことも学べます。パン作りやパンを食べることがお好きであればだれでも受験することができます。

パンシェルジュの資格もベーシックからマスターまで3段階用意されています。公式サイトからテキストをお求めになれますので気になる方はぜひチェックしてみてください。
手作りパン資格手作りパン資格

おすすめの記事