shikakusyutokutsushin

心理的な悩みや問題を抱えた人の数は現代においては増加し続けて
おり、仕事や普段の生活でもそういった悩みを持つ事は誰にでもある
事のため、自分のこころとの付き合い方を学びたいという方は非常に
多く存在しています。

今回はそういったこころとの付き合い方をプロの視点で見ていく心理
カウンセラー、メンタル心理ケアの資格をランキングでご紹介です。

1位 メンタル心理ヘルスカウンセラー

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格で、口コミで
の評判が非常に高いものの一つとなっています。

心理学という分野のため、一般の方や知識に自信の無い方には少し
敷居が高く感じてしまいがちな資格ジャンルですがそんなことはなく、
受験資格に取り決めが一切無い点からもそれは分かるかと思います。

通信講座を用意している所も多く、場所によっては徹底的な学習コー
スを用意し、試験を免除して資格を取得できるなんてものもあるため、
初めて資格試験を受ける方にも入っていきやすい点がメリットです。

在宅での受験を銘打っていますので、受験者にとって有利な状況で
試験に望める事も高評価の一端を担っている要素ですね。

2位 メンタル心理インストラクター

こちらは日本インストラクター協会が主催する資格制度です。
インストラクターと名前がついてはいますが、カウンセリングに関する
知識を持った方と同等の資格となるのでご安心ください。

こちらは社会復帰等の点を重視した知識を中心に求められ、メンタル
の問題に対してどのように解決していくか、家族の理解を得るために
はどのように対応したらいいかなど、具体的なケースに対処する為の
実践的な知識が必要となるでしょう。

取得した後に実務で役立つという面で高い評価がされている資格で、
取得者の口コミで多くの支持を集めている資格ですね。

3位 メンタル心理カウンセラー

優秀なカウンセラーである事を証明する資格のため、受験するための
前提としてカリキュラムの修了が必要となっています。
日本能力開発推進協会が認定したカリキュラム講座の受講が必須と
なるため、一からしっかりと知識をつけていきたい方にはオススメです。
取得までに学習時間が比較的長くかかるため、コツコツ進めたい方に
もオススメであると言えるでしょう。

4位 メンタルケア心理士R

こちらは難易度や敷居が高めの試験で、認定心理士資格の保有者、
大学での専攻が受験資格として必要になっているため、受験する事
がまず難しくなる人が多い資格です。
その分特化した知識の保有を証明できる資格のため、実効力が非常
に強い反面、上述のように非常に難易度の高い試験になります。

5位 認定心理カウンセラー

こちらはNPO法人の日本カウンセリング普及協会が執り行う認定試験
のひとつで、それなりの認知度のある資格です。
1~2級の級位が存在する点や養成講座の修了が必須である事など、
冗長なシステムが多いですが、認知度の高い資格である事、学習に
10ヶ月とみっちりと知識を詰め込める点などがメリットですね。

カウンセリングや心理ケアに関する資格のご紹介でした。
それぞれに特徴があるので、自分にあった資格を選択してくださいね。
これだと思ったものがあったら是非チャレンジしてみてください!

おすすめの記事