shikakusyutokutsushin

安全で健康な身体作りのためになる幼児食を用意したいという思いを叶えてくれる幼児食資格。

正しい幼児食の知識を得るために資格取得に興味はあるけれど、どの資格を取得したらよいのか、自分に合った資格がどれなのかわからないという人へ、人気ランキング形式で5つの幼児食資格をご紹介します。

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターは「日本安全食料料理協会」が認定している、幼児食に適した食材や栄養素など、幼児食に関する知識を一定以上もっていると認められると与えられる資格です。

幼児食マイスターは、今子育てをしている人やこれから親になるという人たちから多く支持されている資格で、信頼できる知識を資格取得することで身につけて、実際に子どもへ食べさせる幼児食へ反映していきたいという思いから受験している人が多いようです。

また、受験資格が特になく、自宅で受験できるため、子育て中で外出がままならないという人や、家事の空いた時間に効率よく勉強して資格を取得したいという人たちからも人気を集めている資格です。

資格取得後には、子どもの成長に合わせた幼児食を作ることができるようになるのはもちろん、適した食材を使ってオリジナルレシピを開発できるという点も、子育てに新しい楽しみを見出す1つの手段として注目されています。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターは、幼児食の知識を身につけられることはもちろん、資格取得後に講師としても活動できる資格です。

資格を認定しているのは「日本インストラクター協会」で、基礎をマスターして順序よく勉強していくことで取得しやすい資格であるという点や、自宅受験可能なため子育て中でも挑戦しやすいという点で注目を集めています。

子どもの成長に必要な栄養素や、体格や運動量に応じた食事量など、実践的な知識を得られるため、日常の幼児食作りに知識を反映させやすいことも魅力の1つのようです。

また、ベビーフードインストラクターの資格を取得することで、季節に応じた献立や、節分やクリスマスなど行事に合わせた献立作りもマスターできるので、幼児食がマンネリ化していたという人にとっては、変化をつけながら幼児食作りを楽しむきっかけ作りにも一役買っているようです。

3位 幼児食インストラクター

幼児食インストラクターは、幼児の発育と食事の関係や、成長に合わせた献立や栄養素の知識、アレルギーや病気への対処などの知識を身につけた人に与えられる資格です。

幼児食インストラクターを認定しているのは「日本能力開発推進協会」で、資格取得後インストラクターとしての活動もできるようになる資格です。

幼児食インストラクターは、認定講座の受講が受験条件となっているため、資格取得まではある程度時間をかけてゆっくり学びたいという人におすすめの資格です。

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザーは、子どもの発育に合わせた幼児食の知識や、病気や食物アレルギーへの対処方法を身につけられる資格です。

資格取得のためには、特別に受験をするという必要はなく、幼児食アドバイザーの認定講座を受講して、規定の課題提出などをクリアすることによって資格が認められます。

テキストにはのっていない情報を実践セミナーで直接指導してもらえるなど、受講生同士の交流ができる点も特徴的です。

5位 子供食育健康管理コーディネーター

子供食育健康管理コーディネーターは、幼児だけでなく、小中学生まで視野に入れた健康や食育の知識、スポーツと栄養の関係などの知識を有する人に与えられる資格です。

子どものメタボリックシンドロームを防ぐ食生活や、スポーツと食事の関係、栄養とトレーニングの関わりなどについて興味があるという人におすすめの資格です。

子供食育健康管理コーディネーターの資格を取得するためには、規定の講座を通信教育で受講して、学習が終わり次第認定試験を受験する流れとなります。

栄養学やスポーツとの関連についても幅広く学びたいという人は、資格を取得する候補の1つとして考えても良いかもしれません。

おすすめの記事