shikakusyutokutsushin

幼児にとって食事とは、食べ物の味を覚えたり、食生活の基本を作ったり、食に対しての興味を持たせるなど、とても大事なものです。

しかし、お子さんに与える幼児食はとても神経を使うものです。食べさせていいものやいけないもの、味付けの濃さなど、悩まれるお母さんはたくさんいらっしゃいます。また、食べ物によるアレルギーやアナフィラキシー症状は、命に関わる場合もありますので、幼児食に対する意識は年々高まっています。

そこで、幼児食に悩めるお母さんたちにおすすめしたいのが、幼児食マイスター認定試験です。この資格は、幼児の成長に合わせた食事作りなど、幼児の安全で健康的な食事が作れるようになる知識を身に付けることができます。大切なお子さんのために、学んでみてはいかがでしょうか?

 幼児食マイスター認定試験とは

幼児食マイスター認定試験は、日本安全食料料理協会が認定している資格です。幼児食として向いている食材や向いていない食材などの知識や、成長に応じた栄養バランスを考えた献立を作ることができる知識や技能を有した方を認定しています。

幼児食マイスターは、離乳食から幼児食を経て一般的な食事になるまでを学べます。

子供の体のつくりを理解した上で、脳・神経細胞・骨・筋肉などの成長を意識した食事や、じんましん・かゆみなどの皮膚への症状を引き起こすアナフィラキシー症状の予防や対策を身につけることも学べます。

 幼児食マイスター認定試験を受けるには

幼児食マイスター認定試験は、受験資格はとくにありませんのでどなたでも受験できます。

受験料は10,000円で、インターネットからの申し込みとなります。試験は、2ヶ月に1度実施されるのでご自分の都合のよいときに受験できます。受験方法は、在宅受験となりますので、小さなお子さんがいて外出が難しい方でも、受験しやすくなっています。

合格基準は、70%以上の評価で合格となり、比較的取得しやすい資格となっています。

 幼児食マイスター認定試験合格後は

幼児食マイスター認定試験に合格すると、幼児の成長が理解できたり、成長に応じた食事や必要な栄養素に関する知識が得られたり、食べ物によるアレルギーやアナフィラキシー症状の予防・対策の知識を持てるなど、幼児食に関する幅広い知識を有しているという証明になります。

その知識を生かし、給食センターや幼児施設、飲食・調理関係のお仕事に就くことが有利になります。また、資格取得後は、講師活動ができるようになるので、幼児食のカルチャースクールや料理教室などで活躍される方もいらっしゃいます。

 幼児食マイスター認定試験の評判

幼児食マイスターは口コミでも高い評価を得ています。実際に試験に合格した方の口コミ評判をみてみましょう。

『子供の食事をどう作ったらいいかわからなかったので資格を取得したが、資格取得後は知識が身について不安がなくなった』

『母親になるための自信をつけるために資格を取得した。取得後は、自信を持って食事が作れるようになった』

『子供のために健康的な食事を作りたいと思い資格を取得した』

資格取得後すぐに役立つ知識が学べるので、幼児食作りに自身のないお母さんや、お子さんに健康的な食事を作ってあげたい方などが、資格を取得されているようです。

また、教育現場で働いている方からは、

『勉強した知識で、不安を抱えているお母さんにアドバイスができた』

『好き嫌いの激しいお子さんに対して、料理の説明などをしたり、対応の仕方が分かってきた』

『実際の現場で、アレルギー症状の対応ができて、親御さんから感謝された』

など、実体験で役立ったという声があります。アレルギーに対する対応は、専門的な知識が必要になるので、この資格を取得しているということは、今後職場でもますます活躍が期待されます。

 最後に

幼児食マイスターの取得希望者は、出産を控えた女性が多いようです。妊娠中に資格取得の勉強をし、出産してすぐにその知識が役立つので、実用的で有益な資格であるとして、高い評価を得ています。

幼児食の専門家は決して多いとはいえない状況です。その状況の中で、幼児食の知識を持っている方は貴重な人材であり、幼児食マイスターの資格を生かす仕事では需要が高いといえます。

ご自分のお子さんだけでなく、広く子供の役に立つ幼児食マイスター認定試験。あなたもぜひチャレンジしてみてはいかがですか?

おすすめの記事