塩

塩は人間が生きる上で欠かすことができない大切な栄養です。食べ物を買うとき食品の成分表示を見ると必ず食塩の量が表示されていますし、料理でも塩を使うことは常識となっています。日常生活にも密接に関わっていて、当たり前のように利用している塩ですが、実はとても奥が深く知っているようで知らないことがたくさんあります。そんな塩の知識が得られる人気の資格を5つ、ランキング形式でご紹介します。

1位 美塩ソムリエ

美塩ソムリエは、塩に関する幅広い知識を身に付けた方に認められる資格です。塩の歴史、日本の地方による塩の差、地方ごとの塩を使った特産品などの知識から、塩の製法、種類、性質などの実践面も問われます。健康に生きるために必要な塩分摂取量や塩と味覚の関係など、食塩と人体、生き物の関係など料理以外の知識を身に付けたことの証明にもなります。

美塩ソムリエの資格を取得し、塩に関する知識を身に付けて趣味の料理やお仕事に活かすことができます。

美塩ソムリエ資格は受験資格はないのでどなたでも受験することができます。受験料は10,000円(税込み)です。インターネットからお申込み可能で、試験も在宅で受験できます。試験は2か月ごとに実施されますのでご自身の都合がいい時期に合わせて受験できます。

お忙しい方や、受験のために遠出できない方も気軽に資格取得ができるので大変おすすめです。

2位 食塩アドバイザー

食塩アドバイザーは食塩に関する幅広い知識を身に付け料理や食品と塩の関係を理解した方に認められる資格です。料理で使う塩そのものの知識や減塩食品の基準や規格、成分表示と塩分量の関係など、実生活でそのまま役立つ知識を有していることが証明されます。塩を活かした料理の作り方、食品の保存方法などはもちろん料理以外の塩の活用法など様々な内容を身に付けることができます。

食塩アドバイザーの資格取得後は知識を趣味の料理に活かすことができますし、食塩や食品に関する講師など、お仕事に役立てることもできます。塩が好き、塩の知識や良さをもっと広く知ってほしい、広めたいという方におすすめの資格です。

食塩アドバイザーも美塩ソムリエと同じく受験資格は特に無く、どなたでも気軽に受験することができます。受験料は10,000円でインターネットで申し込みをし、在宅受験が可能です。2か月に1度試験は行われます。

3位 ソルトマイスター

ソルトマイスターは塩について深く研究する人たちのための資格です。料理に欠かせない食塩ですが塩加減一つで料理の味は天と地ほどの差ができます。また、人体は必ず塩が必要です。健康を維持するためにどのくらいの食塩が必要なのか、どうすれば食塩を利用してもっと楽しく生活できるのか。ソルトマイスター資格は塩に関する豊富な知識を身に付けた生産者、料理人、研究家に認定されます。

塩と料理に関する深い知識と技術を身に付け、ソルトマイスターの資格を取得した後は、仕事や料理に活かしていくことができます。塩が好き、もっと塩を使った料理を極めたい。そんな方におすすめの資格です。

4位 塩マイスター

塩は日常生活に深く関わっていて、とても身近な食べ物、調味料ですが、実は知っているようで知らないことがたくさんあります。塩マイスターの資格は2日間の塩マイスター検定講座を受講することで取得できます。沖縄で塩づくりを体験し、塩についてもっと深く学ぶことができます。

資格取得後は塩マイスターとして塩に関連する医学や食品学などの高度な知識を取得することができます。塩が好きで実際の塩づくりを体験してみたい方に特におすすめです。

5位 塩ソムリエ

塩ソムリエでは、塩の歴史や製法、たくさんの種類がある塩の選び方、そして塩の美容と健康へに影響などの知識が問われます。専用のカリキュラムが用意されているので、塩について体系的に学ぶことができます。そして試験、論文提出をして認められると資格が与えられます。

資格取得後は、日本塩ソムリエ協会が認める塩ソムリエの肩書で活動し、講師として人に塩について教えることができます。
塩資格塩資格

おすすめの記事