和食

海外でも日本の食文化である和食の賞賛の声が集まるようになってから久しいですが、2013年にユネスコの無形文化遺産にも認定されたことで更にその地位を盤石とし、産業として不動のものとなっています。

外で食べる和食というとどうしても調理師免許をもった板前さんをイメージしてしまう所ですが、我々が家庭で口にしているものも立派な和食ですよね。主婦の方が日々作っている料理も立派な和食です。

和食を学びたいという人間は国内外問わず増加しており、特に海外から日本へ移住してきた人にそういった考えを持つ人が多くいます。

今回はこういった和食に関する資格のご紹介です。

1位 和食エキスパート

日本安全食料料理協会が執り行う認定試験となっています。

エキスパートと銘打ってはいますが、求められる知識としては基本的な和食に関する事柄がメインで、出汁・煮物などの知識や、一般家庭
でも使われている和食に関する調理器具である土鍋や包丁の知識や使い方となっているため、主婦の方の取得が多い資格となっています。

料理を嗜む日本人ならかなりハードルの低い資格となっており、特に上述の主婦の方には非常にオススメできるものですね。
時間の都合がつけやすい在宅受験のスタイルを取っているため、そういった層にも配慮した受験システムは嬉しい所です。

2位 日本料理インストラクター

こちらはより本格的な日本食に関する知識を学びたい方向けで、懐石料理や季節に応じた料理のレシピに関する知識や技能が求められます。

日本の特徴として四季が挙げられ、日本食には四季の素材を取り入れた料理という側面もあるため、素材選びからレシピの構築は必須スキルです。
とはいえ、主婦の方だとそういった季節毎においしい素材の知識は土台として備わっている方も多いところですね。

より実践的な料理の知識を必要とされる資格のため、調理師の方が合わせて取得する資格としても有効です。

3位 和食検定

まず箸の使い方を、というように作法や和の文化に重点を置いた資格です。
和の文化というものは専門の教育機関が存在せず、日本で生活する中で自然と身に着けていかなければいけないもののため、今後失われていく可能性もあるのが問題です。
そういった事を憂えて生まれた資格のため、旅館等で高い品質のサービスを提供していきたいと考える人に宛てた資格と言えるでしょう。

4位 和食マイスター

日本野菜ソムリエ協会が主催する資格の一つです。
こちらは認定講座の受講が前提となっており、その後に試験を実施し、合格したうえで資格が授与されるシステムとなっているため、しっかりと学びたい方にはオススメですが、少し手間がかかる資格となっています。
入会金と受講費が割高なのにも注意しておきたいポイントです。

5位 和食アドバイザー検定

調理法や礼儀作法、食器や食べる環境までを統括的に学ぶ資格です。
実技試験が含まれるため、普段料理をしない方にはハードルが高いかもしれません。反面、歴史等から食文化を学んでいくため、そういった知識に自信のある方にもオススメできる資格です。

さて、和食系の資格をランキングでご紹介していきました。
日本のみならず海外でも需要が増し続けている和食、この機会にこういった資格を取得してみるのも手ですよ。
和食資格講座  和食資格講座

おすすめの記事