和食

多くの日本人は日本食、中でも「和食」をソウルフードとして考える方も多いのではないでしょうか。
そんな慣れ親しんでいる和食ですが、様々な出汁を適した食材と組み合わせ素材の良さを引き出す特徴があり、その心は和食のみならず日本文化そのものを見直すことにも繋がります。
食を理解することで文化への理解にも繋がりることも、国外からの和食への高評価の理由の一つになっています。

料理のスキル向上、女子力アップ

昨今の婚活ブームにより、料理の腕を磨き女子力をアップさせたいと考える女性は大勢います。恋人や奥さんに選ぶなら料理ができる、まして料理が上手な女性は男性から見たらとても魅力的です。
女性から見ても料理ができる男性は「安心」「家庭的」など共働きを考える方にとっては特に魅力的に見えますよね。中でも和食が上手という長所はマイナスに感じる方は男女関わらずそうそういないのではないでしょうか。
そういったことからも和食を学ぶ方は多く、中でも女性に人気の高い資格として和食エキスパートが選ばれています。
資格を取得する事により出汁の取り方、煮物の作り方、魚の三枚おろしなどの知識を身につけることができ、スキルとして役立たせる事ができる事から婚活を行う女性以外にも家族に美味しい家庭料理を食べて欲しいという主婦の方からも人気があります。
また外国の料理に比べ和食料理はカロリーが低い事も多くの女性、体型が気になる男性には嬉しい効果です。その為、日本人以外にも外国の方からも注目されています。

和食エキスパート認定試験の口コミ

「結婚を考える年齢になり、本格的に女子力を磨こうと思い料理の腕を上げようと思った。中でも和食なら嫌いな男性は多くない上、資格なら気になる男性へのアピールにも繋がると思い取得した。」
「料理が趣味で、特に和食が一番作るのも食べるのも好きなので知識を付けて更に上達したいと考えた。」
「夫も子供も太り気味になりマズイと思って急いで勉強を開始しました。低カロリーの和食なら食事で満足してもらいながら痩せられるかと思いました。和食が苦手で高カロリーの物ばかり作っていましたが、資格を取得し上達したと好評です。今は和食が得意料理になり、夫も子供も喜んで食べてくれています。」
このような口コミが寄せられていました。口コミの中の一部ですが特に女性の受験、取得が多いのが印象的でした。
また資格を仕事に活かしているという方も多く、趣味と仕事のどちらにも役立たせる事ができる資格と言えるようです。

和食エキスパート認定試験の概要

和食エキスパートは日本安全食料料理協会が主催する認定資格です。
日本安全食材料理協会は、食品や料理に関する技術、知識が一定の水準を上回っているかどうかを審査する試験を多く扱っている団体です。
食に関する意識が高まっている現代で特に注目が集まっている団体でもあり、個人に止まらず企業にも知名度の高い団体、資格としても知られています。
和食エキスパートの試験は受験資格は特になく、知識があれば誰でも受験することができます。
試験は在宅受験形式が採用されているので忙しい方や遠方に在住する方にも挑戦しやすいと高評価を得ています。
和食に興味のある方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。
和食資格講座  和食資格講座

おすすめの記事