shikakusyutokutsushin

和菓子が好きという人はもちろん、日本の文化や伝統に興味があるという人からも注目を集めている和菓子資格。

現在では和菓子の基礎知識はもちろん、創作技術や歴史まで様々な観点で知識を高められる資格がたくさんあります。

種類がありすぎて自分にはどの資格が適しているのか判断ができないという人に、ぜひ参考にしていただきたい、和菓子資格の人気ランキングをご紹介します。

1位 和スイーツセレクトマイスター

和スイーツセレクトマイスターとは、和菓子の種類や材料、和菓子作りに必要な道具から全国各地の郷土菓子まで、和菓子の幅広い知識を身につけた人に与えられる資格です。

資格を認定している機関は「日本安全食料料理協会」で、和菓子が好きという人からはもちろん、日本の文化や歴史に興味がある人からも人気の資格です。

和スイーツセレクトマイスターは自宅で受験可能な上、受験料も1万円と比較的リーズナブルで、認定講座の受講などの受験資格も特に定められていないため、和菓子の知識を深めたい幅広い人たちに資格取得のチャンスが与えられています。

和スイーツセレクトマイスターは、日本の文化や歴史と関連付けて和菓子を学ぶ事ができるので、日本国内で和菓子に携わる仕事をしたいと考えている人はもちろん、和菓子の良さを海外に伝えたいという人にもおすすめできる資格です。

実際に資格取得後に海外で和スイーツを紹介する仕事に携わっているという人もいるようで、日本の文化を再認識する観点でも注目されています。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーターは和菓子そのものに関する知識はもちろん、日本各地で地域に根付いた郷土和菓子が作られた文化や歴史的背景について、一定以上の知識を身に着けると認定される資格です。

認定している協会は「日本生活環境支援協会」で、受験資格は特になく、インターネットから申し込みをすることで在宅受験が可能な資格です。

和菓子文化コーディネーターは一般的な和菓子関連の資格とはひと味違う知識が得られる資格としても知られていて、例えば、ぼたもちとおはぎの違いやあられとせんべいの違いなど、日常生活で何気なく食べている和菓子の奥深い世界を知ることもできる資格です。

また、郷土菓子にもスポットを当てているため、日本の文化や歴史を学びたいという人にとっても魅力ある資格です。

和菓子文化コーディネーターは、資格取得後、講師としても活動できる資格なので、日本の伝統として和菓子を捉えて、和菓子の良さを伝えていきたいという人にもおすすめの資格です。

3位 菓子製造技能士

菓子製造技能士とは、菓子製造業者としての知識を問われる、実技と筆記試験に合格することで与えられる国家資格です。

受験をするためには菓子作りの実務経験がある程度必要で、多くの場合は菓子製造に携わる職業に就いている人が、実力をさらに向上させる目標の1つとして受験をしています。

菓子製造技能士は2段階があり、菓子作りや食品産業に関わる職業に就いてから、レベルに合わせてまずは2級から受験し、合格後に1級を受験する流れで受験する人が多いようです。

申し込みをする際は、各都道府県の「職業能力開発協会」を通じて申請をする必要があります。

今現在菓子作りに従事していて、もっとレベルアップをしたいと考えている人へ適している資格です。

4位 製菓衛生師

製菓衛生師は、書類審査や筆記試験、実技試験を合格すると付与される国家資格です。

認定試験は各都道府県が管轄していて、試験の開催時期や受験料、申し込み方法は各都道府県によって異なります。

受験資格は、厚生労働大臣指定の製菓衛生師養成施設で1年以上必要な知識や技能を習得した、中学校卒業程度の学力を有する人とされていて、2年以上は実際に菓子製造業に従事している必要があります。

菓子職人としても誇りとなる国家資格となりますので、さらにお客様に満足される菓子を提供したいという人へおすすめの資格です。

おすすめの記事