shikakusyutokutsushin

住まいアドバイザー認定試験は日本生活環境支援協会が認定する試験です。

今話題のこの資格の評判について、色々と調べてみました。

・日本生活環境支援協会とは?

日本生活環境支援協会は、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

住まいアドバイザー認定試験はこの日本生活環境支援協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

日本生活環境支援協会が提供する資格取得を通じて、就職や転職・開業に役立った方が多数いるようです。

日本生活環境支援協会にはたくさんの資格がありますが、住まいアドバイザーについて評判を調べてみました。

・住まいアドバイザー認定試験とは?

新築住宅を建てる際には、様々な情報を必要とします。

住宅に関する色んな知識を学ぶには情報量が多すぎてネットや書籍の情報だけでは不十分でもあります。

構造材といった、柱や壁といった構造躯体に使う材料や仕上げ材、内装材・外装材と一つの建物に使う材料は多岐にわたります。

不良物件をつかまされた・建てた後に様々な後悔が生まれた。といった後日談は後を絶ちません。

新築住宅は一生を共にするパートナーであるため、購入する方々は絶対に失敗できないと考えています。

そうした時、住まいアドバイザーが建築材量や建物に関する知識を提供し、アドバイザーとしての役割を果たします。

住宅を建てる際にこうしたアドバイザーがいれば相談する人もたくさんいることでしょう。

実際に住まいアドバイザー認定試験では建物及び建築材料に対する一般的な知識、また住まいの視点鑑定、判断能力が問われます。

この試験を受験したい場合は、上記の日本生活環境支援協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本生活環境支援協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

・口コミ評判について

・「資格取得後、住まいアドバイザーとして新築住宅購入のアドバイザーとして活躍できた。」

・「自身の住宅を建てる際の役にも立った。」

といった声があるようです。ビジネスとして活用できるだけでなく、自身の建物購入にも役立ちますね。

一生付き合える資格といえるでしょう。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受験することができます。

日本インストラクター協会から建築材料インストラクターという資格も出ています。

この資格と同時に資格取得される方もいるようです。2つあれば、住宅に関するプロとしての株も大幅に上がるでしょう。

おすすめの記事