中華料理資格

中華料理は日本人にとってなじみが深く、日々の食卓に並ぶ料理として現代では性別世代を問わず人気です。もっと美味しく中華料理を作りたい、あるいは食べたい。大好きな中華料理を仕事に活かしたり社会にもっと広めたい方のために、今回はおすすめの中華料理資格をランキング形式でご紹介します。

1位 中華料理ソムリエ

中華料理ソムリエは日本安全食料料理協会が主催する資格です。中華料理ソムリエの資格を得ることで、四大中華料理といわれる北京料理、広東料理、上海料理、四川料理やその他の地方の料理の違いを理解し、中華料理で使われる道具や中華料理で求められるマナーなど幅広い知識を身につけたことの証明になります。

炒飯、麻婆豆腐や天津飯などの基本的な中華料理を作る技術を持ち、中華料理の細かく奥が深い調理法を理解したことが認められます。本場中国の中華料理と日本式の中華料理の違いを知ることは大変重要になります。

資格取得後は、趣味で楽しむことや日々の食生活に活かしておいしい中華料理を作ることができます。中華料理店で働いたり、自宅やカルチャースクールで講師として、仕事にも活かすことができるおすすめの資格です。

中華料理ソムリエの資格試験は受験資格は特にないのでどなたでも気軽に受けることができます。受験料は10,000円(税込み)でインターネットから申し込むことができます。試験はご自宅で受けることができるのでわざわざ遠い受験地に出かける必要もありません。試験は2か月に一度実施されるので、都合のいい時期に合わせて試験を受けることができます。

2位 中華料理調理インストラクター

中華料理調理インストラクターは日本インストラクター技術協会が主催する資格です。中華料理調理インストラクターの資格は、数千年と続く中華料理の歴史や、各地方ごとの特徴的な料理や中華料理の幅広い知識を得たことを認める資格です。中華料理と関係の深い中国医学や漢方などの中華料理と健康の関係や食器や道具の知識を有していることの証明になります。

中華料理調理インストラクターとして、独特の調理法を学び、中華料理の作り方を理解していることが求められます。例えば餃子、小籠包、焼売、杏仁豆腐などの基本的な中華料理をおいしく作ることができます。

中華料理調理インストラクターの資格を取得した後は自宅やカルチャースクールなどで、中華料理調理インストラクターとして人に中華料理を教え、歴史や知識などを人に広めることができます。

中華料理調理インストラクターの資格も、受験資格はないのでどなたでも試験を受けることができます。受験料は10,000円(消費税込み)でインターネットからの申し込みで在宅受験が可能です。また試験は2か月毎に実施されますから、お忙しい方にもおすすめできます。

3位 IPA中華料理技師資格試験

IPA中華料理技師資格試験は一般社団法人国際職業能力資格認定協会が主催する資格試験です。中華料理技師となり、日本国内の中華料理の文化やメニュー、技術を理解し、日本国内の中華料理店の調理師として求められる技能を持つ人を育成することが目的とされています。また、中華料理の世界ではグローバル化が進んでいます。調理法や新メニュー開発など様々な面で、現在の日本での中華料理はすでに伝統の中華料理を超えています。日本国内の中華料理飲食業界のニーズに基づき、中国国内や、香港、マカオ、台湾地域などの幅広い地域で即戦力となる中華料理技師を育成することを目的として実施されます。

受験資格は、日本国内で2年以上、あるいは国外で10年以上継続して調理関係の仕事に従事するか国外で調理専門の大学を卒業見込み、または卒業した者に与えられます。

試験は年に4回行われます。受験料は27,000円(消費税込み)です。

中華料理店で働くための資格です。現在中華料理店で働き、さらなるスキルアップや中華料理を極めようと考えられている方はぜひ中華料理技師資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
中華料理資格中華料理資格

おすすめの記事