shikakusyutokutsushin

ワインというと少し年齢を重ねた人の嗜好品だとか、格式が他のアルコールよりも
ちょっと高いイメージがありがちなジャンルですが、最近では20代の若者もワイン
を楽しむ流行の兆しが出てきているようです。

昔と比べて安価に良質なワインが手に入るようになりましたし、コンビニ等でもお
酒コーナーにしっかりと並べられていますから、一般的なものになってきました。

今回はワインの資格に関してランキングでご紹介してみたいと思います。

1位 ワインコンシェルジュ

主催はJSDCA(日本安全食料料理協会)という団体になっています。
ブドウの品種から世界のワインの種類、またワインの作り方や格付けに関しての
知識が求められる資格となっており、ワインに関する根底の知識を有した方向け
の資格であると同時に、受験資格に縛り無しの点が大きなメリットとして評判です。
在宅での受験が可能ですので、日中は仕事で・・・といった方にも重宝されている
システムが評価されているようで、一般の方・関連業務に従事する方どちらにも
口コミで評判が良く、支持されている資格になります。

2位 ソムリエインストラクター

こちらは日本インストラクター協会が主催している資格の一つです。
顧客に合わせて提供するワインを選択する、といった点を重視した知識が求め
られる資格ですので、より実務に強い面が強調されています。こういった知識は
顧客とのコミュニケーションをとるうえでも大事なものですので、実践で役立つ
資格なのは間違いないでしょう。

3位 ワインアドバイザー

こちらはJ.S.A(日本ソムリエ協会)が主催しており、他の試験と比べると若干難易
度が高めの試験となっています。まず受験資格がアルコール飲料を提供する職
務の経験が通算二年以上必要になっており、更に試験も一次試験から三次試験
まであり、ソムリエとして実務に対応できる知識と技術が必要になっているため、
取得後はプロのソムリエとして胸を張って業務に就ける資格となっています。
かなり難度が高い事と引き換えに、実効力が非常に大きい資格のため、受験者
数は年々増加している傾向にあるようです。

4位 ワインエキスパート

こちらもJ.S.Aが主催している資格ですが、こちらは実務経験が必要ない点が特
徴で、誰にでも受験が可能な点が違いと言えます。
ワインアドバイザーよりもハードルが低いため、まずはこちらを取得してから、と
ワイン業界への第一歩としての資格になっています。

5位 ワインコーディネーター

こちらはNPO法人団体の全日本ソムリエ連盟が主催している資格です。
資格取得後に呼称を選択できるのが面白い点で、ソムリエとして呼称を選択
することもできるので、ワイン愛好家の方が取得しているケースが目立ちます。
カリキュラムと同時に提供されるタイプなので、一から学べるのが特徴ですので
これからワインを学んでいきたいといった方に特にオススメできる資格です。

ワインの資格もいろんなものがあるので迷ってしまいますね。
知識の深度やどれだけワインを愛しているかによってオススメの資格がまた
違ってきますので、自分に合った資格を探してみて、これだというものを見つ
けたら受験も検討してみてくださいね。

おすすめの記事