shikakusyutokutsushin

ロジカルシンキングとは物事を論理的に組み立てて考える力を指します。頭の中で物事を考えるとき、誰かと会話するときにも役立つ能力でもあり、特にビジネスをする上では欠かせない能力でもあります。
仕事の優先順位を考え、効率的に勧めることができるロジカルシンキングの能力はどの業界の企業でも活かすことができます。
その能力は生まれ持った能力などではなく、トレーニングすることで極めていくことができるので、今その能力を身につけたい社会人の方はもちろん、これから社会に出て行く学生の方にもおススメの資格として人気になっています。

ロジカルシンキングマスターとは

ロジカルシンキングマスターは日本生活環境支援協会が認定している資格です。
論理的思考の基礎知識である帰納法・演繹法から、理論展開の方法、優先順位を立てるための有効的な手段を状況に合わせて使い分け、より効率的に理論を構築できる能力を備えたことを証明しています。
ロジカルシンキングはビジネスの場では重要なスキルです。企画のプレゼンをする際や、営業などで自社製品をPRする際などでは事実とデータに基づき説明することが求められ、相手にきちんと伝わっていることが重要となります。
きちんと伝えるには分かりやすく、相手の疑問なども解消しつつお互いに食い違いの無いように説明しなくてはなりません。食い違いがあれば後々大きな問題になりかねませんよね。
だからこそロジカルシンキングの力を身につけている人材は重宝される存在として扱われます。そのため、就職や転職の際、キャリアアップを目指す方などは取得しておくと有利に進められることも大いに考えられます。

ロジカルシンキングマスター認定試験の口コミ

「多方面から考えられるようになったことで頭の回転が早くなったと実感している。」
「友人や知人から相談されることが多くなり、頼ってもらえるようになったことで自分の成長を感じた。」
「仕事で説得力が増したと褒められることが増えた。」
「私生活でカッとなったり熱くなって喧嘩することが減った。」
ほんの一部ですがこのような口コミが寄せらていました。ロジカルシンキングマスターの学習は仕事以外の場面でも、考え方が変わることで私生活でも役立つと実感されることが多い資格のようです。
じっくりと考えられるようになることでカッとなることも減るという方も多く、心にも良い影響を与えているということが印象的でした。
自分自身が成長したと感じる方も多いようで、大人になった、自信が付いたといった口コミも多く寄せられていました。

ロジカルシンキングマスター認定試験の概要

ロジカルシンキングマスターは日本生活環境支援協会が主催する認定資格となっており、受験の申し込みも団体のHPから行う事ができます。
HPには試験の詳細も記載してあるので受験を考えられる方は先に目を通しておくと学習のイメージがしやすいでしょう。
受験料は1万円で、試験は在宅受験形式が採用されています。在宅受験形式なので、まとまった時間が取りにくい忙しい方や遠方に在住される方にも安心して挑戦することができると高評価を得ています。
受験資格は特に無く、知識があれば誰でも挑戦できます。合格基準は7割以上の評価となっているので事前にしっかり準備をしておきましょう。
資格は一生ものです。興味のある方は資格取得を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事