shikakusyutokutsushin

手作りアクセサリーとなるとどうしてもチープなものをイメージしてしまい
がちな所ですが、素材や技術の発達が目まぐるしく、今ではハンドメイド
のアクセサリーをファッションに取り入れる若者も増えてきているほど、
手作りアクセサリーに関する注目度は高くなっています。

中でもレジンを使用したアクセサリーは非常に人気が高く、素材が100
円ショップなどでも簡単に手に入るため、始めるためのハードルも低い
事でその地位を飛躍的に高めています。

また、レジンは組み合わせられる素材が非常に多く、どこかノスタルジー
を感じさせる風合いも抜群にセンスが良いことでも人気となっています。

今回はレジンアクセサリーに関する資格をランキング形式でご紹介して
いきたいと思います。

1位 レジンアートデザイナー

レジンアクセサリーの資格といったらこれでしょう。
個人の趣味としてアクセサリー制作をしている方にも、ネットショップ等で
自分の作品を販売している方にもオススメできる資格です。

販売ページに資格を明記する事で購入者に対するイメージはグっと上が
りますし、資格を活かしてカルチャースクールの先生としても活動ができ
るため、利用範囲が非常に広い事が人気の秘訣のようです。

また、ハードルが低い事も人気を支えており、在宅受験が可能な点や、
デザイン業界に強い資格を取扱っている日本デザインプランナー協会が
主催している事から第一位となりました。

2位 レジンアクセサリークリエイター

日本インストラクター協会が主催する資格の一つで、より指導に向けた
知識を求められる試験内容となっています。

作品をキレイに仕上げる為の技術や知識を人にアドバイスできる事が
必要になってきますので、コミュニケーション能力も一定の力が求めら
れますが、こちらも受験資格に縛り無しの比較的受験に対して敷居が
低い資格となっています。

まずはこちらの資格を取ってステップアップを考えている方が多い事
で受験者が増えているものですね。

3位 ハンドメイド・クリエイター

こちらは認定講座が用意されている資格で、通信講座で学んだ後に
修了試験を経て資格取得へと至るプロセスになります。
レジンのみならず革を利用した雑貨や、ビーズやフェルト、シルバーの
加工技術までもカバーするため、様々なものを作ってみたいという方に
はオススメできる資格となっています。

4位 LEDレジンアクセサリー認定講師

こちらはなんとレジンアクセサリーにLED照明を仕込むという新しい製法
を取り入れている資格ですね。一般的には全く認知されていないレベル
のものですので、これからの流行を期待しての取得が多いようです。

5位 クラフトアドバイザー

日本でコラージュ協会が主催する資格認定講座で、4日間(20時間)の
実地講習で集中的に製作技術と知識を学び、資格を取得していきます。
実地で行うため、日中は仕事をしている方には縁遠い資格となってしま
いますが、確実に取れる資格な点はメリットと言えますね。

レジンアクセサリーの資格のご紹介となりました。
ひと味違うファッションを形作るために、こちらの資格でしっかりとした制作
技術を学んでみるのも楽しいと思います。

おすすめの記事