マクロビ

近年、若い世代でも健康を意識する人が増えている中で、“マクロビ“という言葉を聞く機会が増えてきましたが、マクロビ健康フードインストラクターという資格を持つ人がいることはご存知でしょうか?この記事では、マクロビ健康フードインストラクターになる方法などを口コミや評判もかねて、ご紹介していきたいと思います。

マクロビ健康フードとは?

よく“マクロビ”と省略されて聞くことが多いですが、正式には“マクロビオティック”といい、これは長寿法を意味する言葉です。食事内容は主に、玄米や全粒粉、豆類、野菜、海藻類で、肉類や卵、乳製品などは摂取しないことが基本です。また、玄米や野菜も自然農法によるものが望ましく、遺伝子組み換え食品などはできるだけ避けるべきという考え方の食事法です。こういう風に聞くと、修行みたい…と思うかもしれませんが、毎日こういった食事にしなければいけないというわけではなく、週に1、2回ほど自分のペースに合わせて健康のために取り入れると日ごろの食生活で疲れている内臓を休ませることができ、心も体もリセットできるのです。

マクロビ健康フードインストラクターとは?

マクロビオティックの基本ルール(できるだけ地産地消を心がける、食材の良さを活かしながら調理する、自然のもので作られた伝統食を食べる、命をいただくという意識をもつ、など)を理解し、そのほかに野菜の選び方、出汁の取り方、油の選び方など、より自然の食物を選ぶための工夫などの知識を豊富に持っている人に与えられる資格です。資格のための勉強をしながら自分の食生活にも活かすことができるのはもちろんのこと、資格取得後は講師として自宅やカルチャースクールなどで活躍することができます。

マクロビ健康フードインストラクターになるためには?

マクロビ健康フードインストラクターは民間資格になるので、民間団体で資格認定を受ける必要があります。日本インストラクター協会(JIA)という団体が資格認定を行っています。もちろん、事前に勉強しなければなりませんが、受験費用は税込みで10000円。試験日は5日間の中から自分の都合に合わせて選ぶことができ、試験の頻度も2カ月に1度とわりと頻繁にあるので、“何か日常で役立つ資格が欲しい”という気持ちがあれば、マクロビオティックに全く精通していない初心者さんでも取得しやすい資格と言えます。

マクロビ健康フードインストラクターの口コミや評判は?

ここでは一部をご紹介します。
「一人暮らしをしてから外食が多く食生活が荒れていたので、戒めのために資格を取得しました。笑 マクロビフードについて知るようになって、今までの食事がどれほど体に負担をかけていたのか実感することができたし、今ではできるだけ外食は控えて体に優しい料理を作っています。」

「今までも添加物が大量に入った食べ物などは避けるようにしていましたが、やはり普通に生活しているとどうしても添加物は摂ってしまうので、どうやったら体にいい食事ができるだろうと思っていたところ、この資格に出会いました。マクロビ健康フードインストラクターの資格を取得してからは、体にいい食べ物の選び方や食材を活かす調理法がよく分かるようになり、毎日の献立に役立てています。」

「もともとマクロビフードやスーパーフードに興味があり、より知識を深めていきたいと思い、資格を取得しました。履歴書に書いたところ面接官と話が盛り上がり、ちょっと変わった資格をもっておいて良かったと思いました。」

など、様々な意見が寄せられました。

もとから健康フードに興味がある人はもちろん、何かインパクトのある資格が欲しいと思っている方や、食に関する仕事に就きたい、自分や家族の健康のため、などどんな動機であれマクロビ健康フードインストラクターの資格を取っておいて損はないと思います。現代の食生活を見直すためにも、マクロビフードを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか?
マクロビオティック  マクロビオティック

おすすめの記事