ブリーダー資格

“将来ペットに関わる仕事がしたい“
と願う人にとって大事なことは、“資格を取ること”。資格ばかり取る資格マニアになってしまっては困りますが資格は客観的にその人を判断する材料としてとても有効です。もし、ペット業界で働きたいのであれば、まずは自分にぴったりの資格を探すことから始めましょう。ドッグセラピストやトリマー、ペット介護士など動物に関する資格は様々ですが、その中の一つにペット繁殖インストラクターという資格があることをご存知でしょうか?この記事では、ペット繁殖インストラクターとは何なのか、資格の取り方や評判なども含めてご紹介していきたいと思います。

ペット繁殖インストラクターとは?

ペット繁殖インストラクターとは、その名のとおり、主に犬や猫などの繁殖方法の知識を豊富に持っている人に与えられる資格です。ダックスフントやチワワ、トイプードルなど種類別の繁殖の注意点や、出産に関しての注意点や交配方法(外部委託・人工授精)などの知識から、性格の良い子犬を輩出するための方法や、猫の健康管理、猫に適した飼育方法、猫の食事管理など、幅広い範囲の知識が要求されます。資格取得後は、ペット繁殖インストラクターとして自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。

ペット繁殖インストラクターの資格を取るには?

ペット繁殖インストラクターの資格は民間資格になるので、指定された民間団体で資格認定を受ける必要があります。その中の一つに、日本インストラクター協会(JIA)という団体が資格認定を行っています。もちろん、資格認定を受ける前にしっかりと勉強しなければいけないのでまとまったお金は必要になりますが、受験料のみであれば消費税込みで10000円です。受験資格は特にないので誰でも受験することができ、また、最大のメリットとしては、試験期間が5日間あり自分の都合に合わせて受験する日を選べることと、在宅で受験が可能だという点です。これなら、普段忙しくてなかなか時間が取れない方でも安心して受験することができますね!

ペット繁殖インストラクターの評判は?

資格を取得した方から様々な意見が寄せられましたがここでは一部をご紹介します。

「仕事と家事を両立しているのでなかなか時間が取れなかったのですが、少しずつ勉強して何とか資格を取得することができました。在宅で受験ができたことと、試験期間が5日間あったことが大きかったです。現在では、たまにですが自宅でレクチャーを行っています。」

「将来はペットショップで働きたいと思っているので、何かインパクトのある資格が欲しいと思い受験しました。あまりメジャーな資格ではありませんが、実際勉強してみるとペットに関する幅広い知識を身に付けることができ、とてもためになりました。」

「そんなに難しくないだろうと思ってこの資格の勉強をしましたが、案外覚えることが多くて大変でした。でもその分、ペットに対する理解が深まり、ただ単に育てるだけではダメなんだと実感しました。」

「猫を飼っているのですが、この資格を取得してから、今まであまり猫の食事に気を遣ってこなかったことを反省しました。」

など、将来ペットに関わる仕事をしたい本格派からペットを飼っている、ペットについて知りたいという興味を持つ人まで受験していることがわかります。

まとめ

今やペットは家族の一員として見られていますが、まだまだ雑な育て方をしている飼い主さんを多く見かけます。自分の家の犬や猫に、健康な状態で長生きしてほしいならきちんとした環境、食事で飼育しなければなりません。“ペット=人が管理するもの“ではなく一つの大切な命として扱うためにも適切な飼育方法や繁殖方法に関する知識を身に付けておいて損はありません。もし少しでも興味があるのなら、ぜひこの機会に受験してみてはいかがでしょうか?
ブリーダー  ブリーダー

おすすめの記事