shikakusyutokutsushin

現在は、たくさんの種類のレトルトのベビーフードが販売されています。レトルトのベビーフードは便利ですが、やはり自分で作った食事を食べさせたいと願っているお母さんは多いのではないでしょうか?

そんなお母さんたちにおすすめしたいのが、ベビーフードインストラクター認定試験です。

ベビーフードインストラクター認定試験は、子どもの成長に合わせた食事に関する知識を十分に理解して、季節ごとの献立や幼児に与えるおすすめの食材を使用した献立や、お正月や節分、桃の節句、クリスマスなどの行事に合わせた献立を考え、食事を作ることが出来る方に与えられる資格です。エネルギーとなるもの、身体をつくるもの、身体の調子を整えるものの3つの栄養素がバランスよく含まれている献立を作ることができるようになり、幼児の体格、体質、運動量によって食事量を考えることもできるようになります。

かわいいお子さんのために、おいしくて健康にいい食事を作りたい方におすすめの資格といえます。

 ベビーフードインストラクター認定試験の概要

ベビーフードインストラクター認定試験は、日本インストラクター協会が認定している資格です。幼児にとって必要な栄養素を理解できたり、成長に合わせた献立を作れたり、季節ごとの行事に合わせた楽しい献立作りが出来る方が認定されます。また、その知識を幼児の食事に悩んでいるお母さん方に講師として教えられる技能を持った方が認定されます。

ベビーフードインストラクターの試験は、受験資格は特にありませんので、どなたでも受験することができます。試験の申し込みは、日本インストラクター協会のホームページから申し込みます。受験料は10,000円です。試験は、2ヶ月に1度行われているので、忙しい方でも都合がつきやすくなっています。また、在宅受験なので、小さいお子さんがいてなかなか外出できない方でも、受験しやすくなっています。合格基準は、70%以上の評価となっていて、比較的取得しやすい資格となっています。

 ベビーフードインストラクター認定試験の口コミ評判

ベビーフードインストラクター認定試験の口コミ評価は、お子さんに安全で健康的なおいしい食事を与えたいと思う方々から、高い評価を得ています。

『知識が全くなかったので不安でしたが、資格を取得でき自信がつきました』

『自宅で落ち着いて試験を受けることができたのでよかったです』

『資格を取得したことで、栄養を考えた献立が作れるようになりました』

『妊娠中に試験を受けましたが、在宅受験なので安心して受けられました』

『子供の成長段階によって献立を変える必要があることを学びました』

『子供が喜んで食べてくれるようになりました』

『子供の栄養についての知識が学べたので、安心して料理が出来るようになりました』

『学んだ知識を生かして、お子さんの食事に悩んでいる友達にアドバイスしたら喜ばれました』

このような、喜びの声が多数寄せられています。

 ベビーフードインストラクターの仕事

ベビーフードインストラクターの資格を取得するとオリジナルレシピも考えられるようになるので、ベビーフードの企画開発などの仕事に携わるのに有利になります。

また、カルチャースクールや自宅で講師として活躍されている方もいらっしゃいます。

現状では、ベビーフードの知識を深く理解している方は少ないので、ベビーフードインストラクターの認定を受けるのは、就職や転職に有利になります。教育の現場、飲食関係、ベビーフード専門店など、様々な職場で働ける可能性が広がります。

 最後に

ベビーフードインストラクター認定試験は、その知識をご自分のお子さんに役立てたい場合は、妊娠中に取得するのがベストタイミングです。出産後は毎日あわただしく、まとまった時間がとれなくなるため、妊娠中の時間があるうちに取得することをおすすめします。

また、学んだ知識は、幼児はもちろんのこと大人の健康を考えた献立を作るのにも役立ちます。

正しい知識を身につけて、献立や食材選びに自信がもてれば、食事作りがもっと楽しくなるのではないでしょうか。

お子さんをはじめ家族みんなの健康維持のためにも、ぜひベビーフードインストラクター認定試験を受けてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事