shikakusyutokutsushin

ファッションデザイナー認定試験とは、日本デザインプランナー協会が認定する試験です。

その試験の内容や受験方法等をまとめました。

・日本デザインプランナー協会とは?

日本デザインプランナー協会は、デザイン技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定する機関です。

ファッションデザイナー認定試験はこの日本デザインプランナー協会が提供している数多くある資格の中の一つです。

今回はファッションデザイナー認定試験について着目してその試験内容などをチェックしてみましょう。

・ファッションデザイナー認定試験とは?

デザイナーの中でも服飾、ファッションに関するデザイナーをファッションデザイナーと呼びます。

ファッションデザイナーといえば、コシノジュンコや森英恵のような著名なデザイナーを想像する方も多いでしょう。

ファッションデザイナーになるためには、当然ながら天性の才能やセンスだけでなく、服飾に関する知識や根本的なデザイン知識が必要となってきます。

ファッション専門の学校や企業の中で勉強を積んで一流のファッションデザイナーとしての道を目指す人も多いと思いますが、

このファッションデザイナー資格を取得すれば、広くファッション関係の知識を持ち合わせていると認められるので、

自身のスキルを証明する一つの方法になることは間違いありません。

ファッションデザイナーの資格を取得すれば、アパレルメーカーなどへの就職・転職に有利となるでしょう。

この試験を上記の日本デザインプランナー協会の監修のもと、受験することになります。

・試験を受けるには?

日本デザインプランナー協会のHPにアクセスし、インターネットによる申し込みを完了させます。

申し込みが完了すると、協会から問題用紙・回答用紙などが送付されますので、こちらを代金引換等の方法で配送スタッフと引き換えてください。

希望の受験日で受験したのちに、返信用封筒により協会に返送します。

約2ヶ月に一度の定期的な試験を開催しています。

試験にを受けるための資格等は必要ないので、誰でも受験できます。

・どんな試験方法なの?

筆記試験にて行われます。

70パーセントの合格ラインをクリアすれば、晴れて合格となります。

・受験料はいくら?

受験料金は10,000円になります。

・合格後は?

認定証を希望により発行しています。資格を取得すれば、自宅やカルチャースクールなどでの講師活動が行えるようですね。

・口コミ評判について

服のデザインは性別や年齢層、流行の取り入れや季節等、色々な要素を加味して行われる必要があります。

そのため、こういった資格取得を通じて知識を習得する必要があります。

資格取得した後にアパレルメーカーなどへ就職するパターンなどが多いようですね。

「実際に服飾関係に興味があったので資格に挑戦してみたが、勉強を重ねることでファッションデザインの根幹的な部分での勉強になった」

という声があるようです。資格取得するだけでなく、それに向けての勉強も一役買っているということになります。

・まとめ

2ヶ月に一度の定期的な試験であるため、忙しい会社員の方などでも比較的気軽に受けられる試験となっています。

ファッションデザイナーという職種は、個別に仕事を進めることが多いので、休みを自分の都合によって取得できたりと、

違った側面でも人気の高い職種のようですね。短いサイクルで結果を出す職種のため、やりがいを感じる職種でもあります。

おすすめの記事