shikakusyutokutsushin

企業において必要とされる知識や技能は何が重要でしょうか。
それぞれの業界によって重視されるものは違いますが、全ての企業
において必要とされるのはマネジメント能力ですね。
規模こそ違うものの、企業を経営していくための知識を持っている事で
先を見据えた建設的な意見を持つことができますし、極めて現実的な
思考である論理的思考を持つことも大事な要素と言えます。

今回はこういったビジネスの世界で有用な資格のご紹介です。

1位 ビジネスマネージメント認定試験

日本生活環境支援協会が主催している認定試験です。
こちらは企業全体を考えていく知識というよりかは、個人のための知
識であるビジネス関係のコミュニケーション術、人間関係を良好に保
つ方法等、働く個人の自己啓発を目的とした資格となっています。

非常にとっつきやすい要素を扱っている事で人気を集めている資格
となっており、取得に向けての学習の中で自然に快適な業務環境を
考える力が養われていくため、実益に富んだ資格と言えるでしょう。

2位 ストレスケアマネージメント

日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格です。
誰もが抱えるストレスに対して、原因の特定から除去の方法まで、
更には感情との向き合い方を考えていく資格となっています。

もはやストレス社会という単語は耳にタコができるほど溢れている
言葉となっているため、ストレスに対する対抗策を考える人も同様に
溢れている現状があります。
そういった面から取得を考える人が増加している人気資格です。

3位 ロジカルシンキングマスター

冒頭で少し触れた論理的思考を取得するための資格ですね。
原因、過程、結果を現実的に捉えることで話の筋道を立てて考える
手法を指し、極めて現実的な考え方が可能になります。
男性は自然とこういった考え方をできる人も多いですが、これは人間
の生態系といいますか、本能的にできるものですね。
女性にはこういった考え方はあまり一般的ではないため、女性の方の
取得が多く見られる資格で、支持を集めているものです。

4位 論理的思考インストラクター

こちらも上述の論理的思考に関する資格ですが、より指導する方面
へ特化しているため、部下をもつ上司である人の取得が目立ちます。
日本インストラクター協会が主催している資格で、俯瞰の視点から相
手に論理的思考でアドバイスをできる能力を有した方への取得が推奨
されており、人望を集める上司なら必携の資格ですね。

5位 ビジネスマネジャー検定

こちらは東京商工会議所が主催する認定試験となっています。
公式テキストが用意されていますが、その内容は全十五章で構成され
ており、中身も個人から団体におけるビジネスマネジメントの基礎から
応用術までを網羅しており、非常に密度の高い内容となっています。
学習には相当な時間がかかりますので、経営者や重要な役職につい
ている方が取得される資格となっています。

6位 PMP資格

Project Management Professionalの略称で、非常にハードルが高い
試験のため気軽に受験できないといった問題があります。
プロジェクト業務に関して4500~7500時間の実務経験が必要となるた
め、実務で活躍されている方が証明のために取得する側面が強いほ
か、実際に取得された場合はかなりの実効力を発揮する事で有名です。

ビジネス系の資格を個人レベルから経営者レベルまでご紹介しました。
思考法の資格などもありますから、手の出しやすい所をチョイスして
チャレンジを検討してみてくださいね。

おすすめの記事