shikakusyutokutsushin

老若男女に受け入れられている趣味といえば、編み物等に代表され
る手芸でしょう。雑貨屋や100円ショップ等でも気軽に各種の素材が
売られている事もあり、これから始めようと思い立ってすぐに取り組
めるため、ちょっとした空き時間に始める方も多い趣味です。

手芸の先生と言われると女性でも男性でも人気の出る職種だとい
う認識が一般的ですが、今口コミでも評判になっている関連資格を
ランキング形式でご紹介したいと思います。

1位 クラフトハンドメイドマイスター

日本デザインプランナー協会が主催する資格認定試験で、デザイン系
の資格を多数取り扱う、業界に強い協会になります。

さて、こちらはある縫う・編む方面に特化しており、ある程度の創作スキ
ルを持つ方なら誰にでも受験できる資格で、特に受験資格を設けて
いない所が評価されている認定制度です。

基本的な物品の知識や、各種題材に対してどの素材に適正があるか
等、それほど深度の深い知識が求められない点もハードルの低さを
形づくっており、主婦層の方を中心に支持を集めている資格です。

2位 手芸アドバイザー

こちらは日本生活環境支援協会(JLESA)主催の資格です。
各種編み物用の糸に対する知識、下処理方法や手入れ方法までの
知識を有した方が取得を推奨される資格となっています。

編み物に造詣の深い方にオススメの資格となっており、取得された
方には自宅で週1回の手芸教室をプチ開業をして、地域の方との
コミュニケーションや、副収入として家計にあてている方もいます。

3位 雑貨カフェクリエイター

さて、今度は開業を目的とした方向けの資格です。
雑貨販売店やカフェの経営に関する知識を講座で学びながら、資格
の取得を目指していくタイプのため、費用が他のものより高くなりがち
な面があります。

その分みっちり必要な知識を学習できますので、これから開業を考え
ている方には土台作りを確実にできるため人気が出ています。

公式サイトに繋がり辛い等、インフラ面の弱さが若干目立ちます。

4位 ハンドメイド・クリエイター

趣味方面に特化した通信講座+資格取得のコースです。
最新の流行雑貨制作スキルや、少し高い技術が要求される革の加工
等、幅広い知識を学びながら資格が取得できます。

半年ほどの学習期間に加えてテキスト費用等がかなり高価になって
いるので、片手間の趣味と考えている方や主婦の方には少し抵抗が
あるかもしれません。

ハードルの低さは選択の際に大きな要素ですので、こちらは様々な
要素が少し高めの設定ですね。

5位 棒針編み講師認定証

こちらは講師として活動されたい方向けの資格で、編み物に特化した
通信講座+資格取得となっています。

やはりこちらも費用が高くなってしまうのが難点で、学習期間も最大
で24ヶ月と長大になってしまう点がデメリットとして目立ちます。
長い学習期間の割に添削指導が8回と回数が定められている点も
不親切で、残念ながらあまりオススメの資格講座とは言えません。

さて、手芸に関する資格をご紹介していきました。
費用・期間やチャレンジするハードルが資格によって様々ですので、
自分にあった資格が見つけられた人は是非チャレンジを検討して
みてくださいね。

おすすめの記事