shikakusyutokutsushin

「片付けられない人」と銘打って番組が組まれる事があるほど、現代社会では
部屋の掃除等ができない人が増えています。
昔と比べてその都度叱ってくれるような家庭環境でなくなってきた事もあります
が、未婚率の増加等も原因として背景にはあるかと思います。

こういった事態になる一歩手前の人が利用するのが掃除代行といったサービ
スになりますが、一定の需要があることで業績が安定している業界です。

今回はそのお掃除業界で役立つ、ハウスクリーニングの資格をランキングで
ご紹介していきたいと思います。

1位 ハウスクリーニングアドバイザー

主催団体は日本生活環境支援協会で、堅苦しいイメージがありがちな資格
の中でも、生活に密着したものをメインに取り扱っている団体です。

さてこちらの資格は一般的な掃除知識に加え、プロとしての知識や視点を
持っていることが求められ、汚れに対して的確な対処ができる知識と技術
を保証してくれる資格となっています。

資格は目に見えない技術を可視化してくれる便利なツールですので、商業
の世界ではこれほど顧客に対して効果的なものはありません。現にお掃除
サービスを手掛けている会社ではこういった資格を持った人材は特に優遇
されており、資格に対して手当も支払われる場合がほとんどです。

こちらの資格に関しては受験資格が一切無いので、そういった面からも取
得者の口コミ評判で支持を得ており、特にオススメの一つです。

2位 クリーニングインストラクター

こちらは指導員に資格を授与する日本インストラクター協会主催です。

こちらも大筋ではハウスクリーニングアドバイザーと似た知識を求められ
る認定試験になりますが、より多種の汚れに対しての対応法にズームア
ップした知識が求められ、極めて実践的な知識の取得が必要です。

在宅での受験が可能な点で評価を集めており、上述の通り非常に実務に
即した資格となるため、人気の資格となっています。

3位 ハウスクリーニング士

NPO法人日本ハウスクリーニング協会が主催している資格です。
こちらの協会に属する指導員の方はメディア出演が非常に多く、キー局
での生活情報番組などで露出が多いため、ネームバリューの大きさが
魅力の一つとなっている資格になります。

冒頭で触れているお掃除サービスを開業した方の取得者が多く、目的
に合わせたコースが選択できるのが大きな特徴と言えるでしょう。
若干受講料が高めの設定なのでそちらだけ気になる点です。

4位 掃除検定

こちらはシンプルな名称ですが、詳細に階級が存在する認定試験です。
1級から5級までが用意されており、各級それぞれで別のエリアでの掃除
知識が求められるので、少しハードルは高めの資格と言えそうです。

責任者クラスの方が取得するのであれば3級以上が目安となっており、
開業するにあたっては2級、1級の資格取得が推奨されているため、
段階を追って取得するにはかなり長い時間がかかってしまう点は注意
しておきましょう。

5位 ハウスクリーニング技能士

こちらは厚生労働省指定の試験期間である全国ハウスクリーニング協
会が主催する認定試験です。
国の後ろ盾があるため実効力が大きいのが魅力ですが、その分出題
される試験問題の難易度が他のものより高めなのが難点ですね。

さて、お掃除のプロとしての資格のご紹介でした。
興味のある資格がありましたらチャレンジしてみてくださいね!

おすすめの記事