筋トレ

トレーニングサポーター認定試験とは?

トレーニングサポーター認定試験は、筋トレの知識を持ち、指導することができる人に与えられる資格です。筋トレは簡単なようでいて、独学ではなかなか難しいものです。正しい筋トレの知識を持ってトレーニングする事で、筋トレの効果を最大限に発揮できます。また、間違った方法のトレーニングは、思わぬ怪我に繋がってしまいます。安全にトレーニングをするためにも、トレーニングの知識と技術を持った人に指導を受けることは大切です。

トレーニングサポーターの資格を持っていれば、筋トレの正しい知識を持ち、指導ができる人材と認定されます。そのため、相手に合わせてトレーニングメニューを考え、トレーニングのサポートやアドバイスができるようになります。健康志向の現代社会において、筋トレをはじめようという人は増え続けており、トレーニングサポーターの需要が高まる事も予想されます。

トレーニングサポーター認定試験の内容

トレーニングサポーター認定試験は、日本生活環境支援協会が主催している資格です。試験では、トレーニングをして筋肉を鍛えるための知識が求められます。体の様々な部位の筋肉についての知識や、トレーニングに適した食事をはじめ、トレーニング全般の知識が必要です。また、最近ではダイエットにトレーニングを役立てたいという方も増えているので、そうした知識も欠かせません。トレーニングサポーター認定試験に合格した後は、スポーツジムのトレーナーとしての仕事に就いたり、トレーニングサポーターとして講師をするなど、様々な活動の場があります。

トレーニングサポーター認定試験を受験した人の口コミと評判

「これまで独学で筋トレを行っていましたが、筋トレの正しい知識を知りたいと思い、トレーニングサポーター認定試験を受験しました。試験勉強を通じて筋トレについての様々な知識を学べたので、自分で独自の筋トレメニューを組めるようになり、毎日のトレーニングが楽しくなりました。」

「スポーツジムで働いていますが、トレーナーとしてスキルアップをしたいと思い、トレーニングサポーターの資格を取りました。トレーニングサポーターとして、自身を持って人に筋トレの正しい方法を教えられるようになりました。」

「介護の現場に筋トレを取り入れたいと思い、筋トレやトレーニングを学ぶためにトレーニングサポーター認定試験を受験しました。これから高齢者がますます増えてくる時代なので、高齢者向けのトレーニングサポーターとして活躍したいと思います。」

トレーニングサポーターを受験する方は、自分のトレーニングに役立てるだけでなく、資格を仕事に活かして、様々な分野で活躍したいと考えている方が多いようです。

トレーニングサポーター認定試験を受験するには

トレーニングサポーター認定試験は、年6回の偶数月に試験が行われます。受験資格は特にありません。トレーニングサポーター認定試験は、日本生活環境支援協会のホームページから申し込みを行います。受験料は10,000円です。試験は、在宅で受験することができます。申し込みを行うと、解答用紙と問題用紙が送られてくるので、そちらに回答を記入して返送する方式です。自分の好きなタイミングと環境でリラックスして試験を受けられると人気です。

トレーニングサポーター認定試験の難易度と合格ライン

トレーニングサポーター認定試験に合格するためには、70%以上の正解が合格ラインです。筋トレの基本的な知識や、筋肉の働きなどの知識を中心とした、比較的簡単な試験です。普段から筋トレに取り組んでいる方にとっては、初心者でもわかりやすい内容となっています。トレーニングサポーターとして、適切なトレーニングができるように、道具を使ったトレーニング方法などの問題も出題されます。試験勉強を通して、筋トレに必要な知識や技術を一通り学ぶことができるので、全くの初心者でもトレーニングに興味がある人なら是非チャレンジしてもらいたい資格です。
筋トレ  筋トレ

おすすめの記事