タイ古式

タイ古式整体は日本でも認知され始め、美容や健康、身体のリフレッシュ目的で広く利用されています。仏教やヨガとも関係のあるタイ古式整体に興味のある方に向けて、今回はおすすめのタイ古式整体の人気資格をランキング形式で5つご紹介します。タイ古式整体のインストラクター、講師を目指す方はぜひご覧ください。

1位 タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー

タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する資格で、タイの古式ボディセラピーの技術を持ち、知識を有している方に認定されます。仏教やタイの伝統と関連した知識、生理学、解剖学の知識を得たことの証明となります。治療に必要な解剖整理の知識だけではなく、食事や体内の流れなどの知識を有していることの証明にもなります。

タイ古式整体ボディセラピーアドバイザーの資格を得た後は自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。仕事に活かすことのできる大変おすすめの資格です。

タイ古式整体ボディセラピーアドバイザー資格は受験資格は特にありませんので、どなたでも気軽に試験を受けることができます。受験料は10,000円(消費税込み)で、ご自宅で受験することができます。試験は2か月毎に実施されるので、都合がいい時期を選んで受験することができます。受験のしやすさはおすすめです。

2位 タイ古式ヨガボディヒーリング

タイ古式ヨガボディヒーリングは日本インストラクター協会が主催する資格で、タイ古式のヨガボディヒーリングのインストラクターとしての様々な知識、技術を有していることが証明されます。ハーブボール、ホットストーンといったヒーリンググッズの知識や、開業した場合の接客法などの知識も問われます。

タイ古式ヨガボディヒーリングの資格を取得した後はタイ古式ヨガボディヒーリングインストラクターとして講師活動することができます。

タイ古式ヨガボディヒーリングの資格も受験資格は特にないので、受験することができます。受験料は10,000円(消費税込み)で在宅受験ができます。試験も2か月に1度実施されていますので、お忙しい方も都合の合う時期に受験することができますのでおすすめです。

3位 JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格

JTTMA認定プロフェッショナルセラピストは日本タイ古式マッサージ協会が主催する資格です。タイの伝統的な医学に基づいたボディケアの技術を身につけるとともに、西洋医学の解剖倫理を合わせたタイ古式マッサージの施術やアドバイスを行うことのできるセラピストを目指す資格です。

認定講座はどなたでも受講可能で122時間の授業の後、筆記と実技試験に合格したのち資格取得となります。また資格取得者はタイに留学せずにタイ政府公認のセラピストの資格が取得できます。本気でタイ古式マッサージのセラピストを目指す方、人に癒しを与えたい方におすすめの資格です。

JTTMA認定プロフェッショナルセラピスト資格は1年間受け放題制度というものがあり、初回受講から1年間の間、開催クラスが申込み可能となります。

4位 タイ古式ボディケアセラピスト

タイ古式ボディケアセラピストの資格は日本能力開発推進協会が主催する資格で、タイの伝統的な技術でタイ古式のボディケアを実施できることを証明します。

タイ古式ボディケアの歴史やタイ伝統の医学の知識、基本的な実技が問われます。施術をする上での注意点や施術法などのタイ古式ボディケアの基礎知識、技術だけでなく実践面も審査の対象となります。

協会指定のカリキュラムを終了した後試験を受けることで取得することができます。

5位 TTMA公認・プロタイマッサージセラピスト

TTMA公認・プロタイマッサージセラピストは日本トラディショナルタイマッサージ協会が主催する資格です。タイの伝統的なタイ古式マッサージの知識、技能を習得したことを証明する資格です。

受験資格は、TTMA公認のスクールを卒業するか、タイ現地のスクールの卒業や現場で学んだ方が受けることができます。

資格を取得した後はセラピストとしてマッサージの施術を行うことができます。仕事として役に立つおすすめの資格です。
タイ古式マッサージ資格タイ古式マッサージ資格

おすすめの記事