スーパーフード

近年、爆発的に人気を集めているスーパーフード。アサイーボールを筆頭に、レストランではキヌアや大麦、ケールチップスなどを通常メニューに加えているところも多くなってきました。そして、人気モデルや人気タレントたちもスーパーフードを日常的に食べていますよね!この記事では、スーパーフードの定義、そしてスーパーフードアドバイザーになるメリットなどをご紹介していきたいと思います。

スーパーフードとは?

スーパーフードは、一般的な食品より突出して栄養価が高い食品のことを指します。ブルーベリーの14倍ものポリフェノールを含むマキベリー、通常のチョコレートよりもカカオポリフェノールを含むローチョコレート、aリノレン酸を豊富に含むヘンプシードなど、その数も年々増えてきています。栄養価が抜群に高いので、当然のことながらスーパーフードがもたらす効果もすごいです。コレステロール値の低下、疲労回復、美容促進、ダイエット効果、美肌効果、冷え性の改善…と女性に嬉しいメリットがたくさんあるのです。

スーパーフードアドバイザーとは?

スーパーフードアドバイザーとは、栄養学やスーパーフードの知識を豊富に持った、食育のスペシャリストとのことです。”食べることは何か“という食事の基本から見つめなおし、スーパーフードの種類にはどんなものがあるのか、そしてそれぞれの食品がどんな美容効果、または健康にいい影響を与えるのかを理解している人に認定される資格です。学んだ知識を活かして、食生活のアドバイスをしたり、健康になるためにどの種類のスーパーフードを取り入れたらいいか判断でき資格取得後は講師として地域に貢献することもできるようになります。

スーパーフードアドバイザーの資格の取り方は?

スーパーフードアドバイザーになるためには、指定された民間団体で試験を受ける必要があります。資格認定を行っている団体はいくつかありますが、その一つに日本安全食料料理協会(JSFCA)という団体が資格認定を行っています。試験の概要は以下のとおりです。

・試験の頻度 2カ月ごと
・試験期間 5日間から都合のいい日を選ぶことができる
・受験料 10000円(消費税込み)
・受験方法 在宅受験
・合格基準 70%

日本安全食料料理協会で受験するメリットは、在宅での受験が可能なことと、5日間の試験期間があるので仕事が忙しくて普段なかなか時間が取れない方でも、自分の都合に合わせて安心して受験することができるということです。

スーパーフードアドバイザーの口コミや評判は?

最近では、スーパーフードへの関心が寄せられ食を見直すことが重要になってきているので、スーパーフードアドバイザーの資格を持つ意義は十分にあります。資格取得者からも
「栄養士の仕事をしているのでスーパーフードには興味があり受験しました。知らなかったことも多くあり食は奥が深いなと改めて実感しました。」

「前まではスーパーフードアドバイザーという資格があることさえ知りませんでしたが、資格取得後は普段の生活にスーパーフードを取り入れることができるようになり家族の健康にも役立っています。」

「スーパーフードアドバイザーを取得したことで自分の食生活を見直すきっかけになり、今までは食べるものに全く気を遣って来なかったんだな、と反省しました。」

など、様々な意見が寄せられており、管理栄養士やフードアドバイザーなど食に関する仕事をしている人はもちろんスーパーフードにちょっとでも興味がある、自分や家族のために食生活を改善したい人などが多く受験されています。

まとめ

スーパーフードアドバイザーになることで食に対する視野が広がり質の高い食生活を送ることができるのです。当たり前ですが、自分の体は自分が食べたものからできているので、食を見つめ直すことは自分自身を見つめ直すことともいえます。健康でいつまでも若々しく生きるためにも、スーパーフードアドバイザーの資格を取得してみてはいかがでしょうか?
スーパーフード  スーパーフード

おすすめの記事