ウォーキング

身体を動かす事は人間の心身に好影響を与え、普段デスクワーク等の業務で座り続けている人にとっては関心の高いものですよね。
背中や腰、肩に凝りや痛みを感じる場合、ほとんどの場合が運動不足を原因とするもので、簡単な運動で予防する事もできます。

最近ではオフィスでこういった指導をする所も増えており、外部の専門的な知識を有した人に指導を依頼するケースもあります。
今回はスポーツ運動に関する資格をランキング形式でご紹介します。

1位 健康ウォーキングアドバイザー

誰もが毎日行う事である「歩く」という事にズームアップした資格で、日本生活環境支援協会が主催する認定試験の一つです。

常にする事を見直し、より詳しく歩き方を学ぶ事で運動不足などの諸問題や症状を軽減・解決に導いていくための知識が求められます。
スポーツ関係のお仕事に就いている方はもちろん、他の業種で働いている方にも支持されている資格となっており、取得者の層が非常に幅
広い事でも知られている資格です。
自宅で受験ができるシステムなので、日中働いている方でも時間の都合がつけやすい点が大きなメリットとなっている背景ですね。

2位 歩き方インストラクター

こちらもウォーキングに関する資格で、やはり誰にでも始められるものであるため、需要の高さからこういった資格の人気が高いようですね。
主催は日本インストラクター協会となっています。

個人に合わせた歩き方を提案するための知識や、ペース配分のための知識等、より指導者としての面が強い資格となっているため、どちら
かと言うと資格を取って教える側に立ちたいと考えている方に取得が推奨されます。

3位 スポーツインストラクター

日本体育協会が認定するスポーツ指導者の資格です。
ジム等で勤務する際に特に有効な資格で、運動施設で働きたいといった人に取得がオススメできる資格となっています。

通信講座で30時間以上のカリキュラムを修了する事で資格が授与される仕組みで、取得にはそこそこの時間がかかります。

4位 スポーツリーダー

こちらも養成講座が用意されているタイプで、4ヶ月で3回の課題提出が決められており、期間の延長や締め切りの厳守のルールがあります。
時間に制約のある方には少し敷居が高くなってしまいがちですが、その分課題の合格ラインが60%以上の評点と低い所がポイントですね。

5位 アスレティックトレーナー

少し毛色が違う資格で、スポーツの現場で選手が怪我をした際に応急処置や復帰までのリハビリを担当する人のための資格です。
各スポーツのチームに属する形となるため、選手個人とのコミュニケーション能力も大事になるほか、怪我に対する処置方法であるテーピング、アイシング等からマッサージの技術も求められます。
海外では医療従事者と連携して働いている職種ですが、日本ではまだそういった動きはなく、あくまで応急処置の枠を出ない業務と考えられているため、まだ気楽にやれるといった事実もあります。
スポーツ系の資格のご紹介でした。学校のスポーツ推薦と同じく、知識や経歴を問わずに受験自体はできるものが多数存在していますので、
これから受験を考えているどの年齢層にもオススメですよ。
ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

おすすめの記事