スポーツフード

スポーツフードは運動する人たちのための健康と身体を考えた食事のことです。スポーツフードの資格は身体づくりと栄養面から運動する人にとって最適な食事を提案し指導するためにあります。ここでは人気の5つのスポーツフードの資格を内容や受験の手軽さの点からランキング形式でご紹介します。

1位 スポーツフードマイスター

スポーツフードマイスターはスポーツ選手に必要不可欠な栄養や料理を実践レベルで学んだ方に認定されます。身体と食事の両方の面からスポーツ選手のコンディションを整えるサポートをし、食生活を管理、指導することができる証明になります。子供からスポーツ選手まで、年齢、性別を問わずそれぞれの運動量、競技に応じた最適な提案をすることができます。
受験資格は特にないため、どなたでも受験することができます。
受験料は消費税込みで10,000円。インターネットからの申し込みで在宅受験することができます。試験は2か月毎に実施されています。
この受験するための敷居の低さは目を見張るものがありますね。内容の幅広さと受験のしやすさを考慮して第1位とさせていただきました。

2位 アスリート栄養食インストラクター

アスリート栄養食インストラクターはスポーツ選手に必要な栄養素、競技の特性に合わせた食事を提案することができます。疲労回復や風邪予防、夏バテ防止のための栄養と食事、弁当を作る上でのポイントなど、より身近な生活の中で役に立てる知識を身に付けられたことの証明になります。もちろん実践的な資格ですから、資格の取得後はアスリート栄養食インストラクターとして講師の活動をすることもできます。
こちらの資格も受験資格は特にありません。受験料は消費税込みで10,000円。インターネットから申し込んで在宅受験という流れになります。
試験は2か月ごとに実施されます。
このアスリート栄養食インストラクター資格も気軽に受験しやすい資格ですので第2位とさせていただきました。

3位 アスリートフードマイスター

アスリートフードマイスターの資格では子供たちやスポーツ選手をサポートする方はもちろんのこと、スポーツ愛好家、そして選手自身が食を通じてコンディション調整や体づくりのポイントを理解し身に付けた証明になります。競技者の方もこの知識を身に付けることで、長く選手として活動したり記録更新のための最善のコンディションで大会を迎えられるような身体づくりを実践できます。
アスリートフードマイスターの資格を得るためにはカリキュラムを受講し、試験に合格する必要があります。上位2つの資格と比べると、気軽に受験するというわけにはいきませんが、資格を幅広く活かせるということで3位とさせていただきました。

4位 スポーツフードスペシャリスト

スポーツフードスペシャリストの資格は運動する子供やスポーツ選手個人に合わせて食事と栄養の視点から競技のための身体づくりの指導ができることを証明します。スポーツフードの正しい知識を学び、世代別性別のスポーツ選手の食事のとり方、目的やコンディションに合わせた献立も習得できます。専門家としてスポーツ選手のサポートをするための資格といえます。現役の栄養士やトレーナーの方など、スポーツに携わる方にも役立つおすすめの資格です。資格取得後はスポーツフードの専門家として指導や助言ができます。
こちらの講座は検定費用込みで37,000円です。無料で体験受講することもできるので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

5位 スポーツフードアドバイザー

スポーツフードアドバイザーの資格は身体と栄養素を理解し、スポーツに必要な「勝てるカラダ」作りを、食を通じてアドバイスできる知識を身に付けた人に認定されます。子供から大人まで年齢性別を問わず幅広く対応できます。競技や選手の体調や目的にあわせた食事を提案し「勝てるカラダ」を作るサポートをします。スポーツフードアドバイザーとして身に付けたスキルはアスリートご本人はもちろん、指導者や選手の家族もさまざまな場所で活かせます。
スポーツフードアドバイザーの講座の受講料は現在46,000円です。全カリキュラムを修了することで自宅で受験することができます。
スポーツフード資格スポーツフード資格

おすすめの記事