shikakusyutokutsushin

もはや料理には欠かせない存在となっているスパイス・香辛料です
が、何気なく使っている胡椒などの他に、まだまだ一般に認知されて
いない便利ですごい力をもったスパイスも多数存在しています。

とはいえ、スパイスは種類が膨大な数が存在していますからなかな
かそういった知識を豊富に持った人材はいませんよね。

今回はそういった知識を取得したい方向けのスパイスの資格を集め
て、ランキング形式でご紹介したいと思います。

1位 スパイス香辛料アドバイザー

スパイスの歴史やスパイスの種類・用法を理解した方向けの資格と
なっており、幅広いスパイスの知識が求められる試験になります。

料理に用いる際の作用を主として扱うため、飲食業界での実効力
が大きく、新メニューの考案等を手がける企画のお仕事でも活かせ
る資格となっています。

受験のしやすさがメリットの一つで、自宅で受験手続きから受験、
認定証の受領まで全てできる事が便利な要素となっているため、
昼間は仕事で時間が作れないといった方にも対応している点が
支持を集めている根拠となっているようですね。

2位 スパイスインストラクター

日本インストラクター協会が主催する認定試験の一つです。
防腐効果やスパイス自体の賞味期限や保存方法、品質管理などの
知識を求められる試験のため、スパイスを日常的に利用する飲食
店等で勤務されている方には特に有用な資格となっています。

調理師免許を持つ方が合わせて持っていると更に資格の質を高く
イメージさせやすいものですので、そういった方にオススメです。
勿論一般の人にもオススメで、受験資格がとくに何も定められて
いないので誰にでもチャレンジできる資格となっています。

3位 スパイスコーディネーター

商標登録されている資格で、段階に応じて3つの資格があります。
スパイスコーディネーターマスターと呼ばれる資格はプロフェッショ
ナルな知識が必要となるため敷居が高めですが、初級であるスパ
イスクッキングアドバイザーは簡単な知識から学べるため、知識の
深度に応じて選択肢があるのがメリットと言えるでしょう。

4位 スパイス&ハーブ検定

2009年から開始された比較的新しい試験で、毎年300人前後の
人が受験している資格試験となっています。
テキストや受験料が非常に安価で済む点から人気がありますが、
その分知識量として実務に耐えうるものなのか疑問が出てきて
しまうものでもあり、とりあえず何でもいいのでハーブ系の資格を
とりたいという方にはオススメできるかもしれません。

5位 カレーマイスター

こちらはスパイスを利用する料理の代表格、カレーに特化したスパ
イス資格となっています。スパイスというよりかはもはやカレーの
資格になっている気もしますが、カレーに対するスパイスは非常に
奥深く、スパイスの比率によって味が千差万別となるために独立
したジャンルとして資格が設けられているんですね。
スパイスだけでなく、カレー好きの方にも取得をオススメできる面白
い資格の一つです。

さて、スパイスからカレーまで資格が広がってしまいましたが、興味
を持たれた方は是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか!
なかなかこのような知識を持っている人はいませんので、自分の特
色として取得するのはオススメですよ。

おすすめの記事